名古屋色街カルテットその1『港陽園』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛知県の色街シリーズ、二日目は名古屋から。

中京圏の中核都市、名古屋にはかつて江戸・吉原を凌駕する日本一の豪華さを誇った中村遊郭があったように、女性街では甚だ隆盛を極めた土地であった。
そして現在では、「○○園」という名を冠した代表的な遊里跡が4つ残っている。
その中で、まず最初に紹介したいのが『港陽園』である。

01

最寄り駅は名港線の築地口駅。現在の住所は「港区港陽三丁目」と、地名と俗称が一致する探すのが楽なパターンですね(笑)

02

地上に上がり、トラックが疾駆する国道154号線を越えて東へてくてく歩いて行く。すると5分余りで港陽園跡に到着する。
「全国女性街ガイド」によれば、港陽園は赤線時代は47軒あったそうであるが、今、往時の姿をとどめるものはただ1軒を残すのみとなってしまった。風前の灯火どころの騒ぎではない。文字通り絶滅の危機に瀕しているのだ。

スポンサーリンク
広告336×280

かもめ荘

13

しかしながら、その最後の一軒となってしまった「かもめアパート」の威容が素晴らしすぎるのだ。
港陽園≒かもめアパート
が成立するほど有名な建物で、文字通り全国から見学に来る人が後を絶たないという。

15

「かもめ荘」とも呼ばれるその転業アパートは、現在でも店子がいるれっきとした賃貸アパート。
戦前の妓楼然とした佇まいに、豆タイルがびっしり。このあたりは後述する時代感をきっちり反映している。

08

港陽園について、「全国女性街ガイド」には以下のような説明書きがあった。

戦前の稲永遊廓がちょっと移転したもので四十七軒に二百二十名。港区港陽町一帯。

短っ。
しかも“ちょっと”ってどんなだよw

04

右側面。こうして見るとかなりの大きさ。そして際立つ存在感。
行間を無理やり補間すれば、どうも戦後に誕生したらしいという史実が浮き彫りになってくる。
なるほど。だから半妓楼半カフェー建築みたいな建物になったわけだ。納得。

05

窓手すりの透かし彫りにはかもめがあしらわれていた。
手彫りと思われるが、少し見比べた程度ではまったくもって「誤差」が見受けられない。あまりに巧緻な職人芸に驚嘆する。

06

左側面。ここに住んでいる人たちはどういう訳があって入居したのだろうか。
家賃が安いから、古い家が落ち着くから、元遊郭(が好き)だから・・
諸般の事情があるだろうが、個人的には三番目であってほしい。

17

錆と風化ですごいことになっているが、「貸間あります、かもめアパート」と読み取れる。
実はこのときご主人から少し話を伺うことができたのだが、昔は15人くらいいたけど今は半分くらいになってしまったと仰っていた。

07

かもめ荘はご尊父より受け継いだ建物で、税務署(固定資産税のことだろうか)のほうは(おそらく家賃収入で)なんとかなるけど、なんせ維持費がかかると嘆いておられたのが印象に残っている。

09

筆者もそのうちの一人にすぎないが、なんせこの素晴らしい建物を愛でるために全国から足を運ぶ人がいるのである。
少しでも長く、この場所でこの雄姿を保ち続けてほしいと心より願っています。

14

行く前からK点を超えるほどの期待値を叩きだしていたにも関わらず、いざ目の前に立つとそれをさらに上回るほどの感動スペクタクル、はるばる来た甲斐があったなーなんて万感の思いに浸ってしまった。

16

花をつけた朝顔に花鳥風月を思い、やがて散りゆく定めに遊里の行く末を重ね合わせる。
これほど混沌な気持ちにさせてくれる場所もそうそうあるものではないと思う。

03

ご覧の通り、背後には無機質で没個性の象徴とも言える高層マンションがそびえ立っていて、皮肉なことにそれがより一層かもめ荘の存在感を際立たせることに貢献している。
再開発の荒波に呑まれず、むしろその上を悠然と飛び交うかもめの姿がそこにはあるのだ。

12

「SNACK」と書かれた、間口15mはありそうな巨大カフェー建築は無情にも解体の憂き目に遭ってしまっていてお目にかかることはできなかった。
悔しいかな、僅かに遅かったらしい。

10

その斜向かいに、「昔妓楼だったんじゃね?」と思えるそれっぽい建物がひとつ。
会社の倉庫だか事務所だかとして使用されているようです。

他には遺構チックな建物は一切見つけることができず、「港陽園≒かもめ荘」は今では「港陽園=かもめ荘」と言っても過言ではなくなっていた。

11

駅に戻る途中、雰囲気のある家を見つけたが場所も少し離れているしたぶん無関係でしょう。

以上で『港陽園』散策は終了。
続いて向かったのは『八幡園』。そこでは、今回の遠征で一番の収穫とも言える、非常にコンストラストが高く鮮明なエッジを持つ町並みと出会うことになる。

[訪問日:2014年8月24日]

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする