愛知県津島市の古い町並みを見てきました

スポンサーリンク
広告728×90

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

萩原から名鉄に乗り、津島で下車。
尾西線と津島線のターミナル駅にも関わらず、愛知県西部のすこぶるマイナーな都市という位置づけの津島。

この津島に何やら古い町並みがあるというので、遠路はるばるやって来たという次第なのである。

01

朝から数えること5回目のまち歩き。歩き通しでそろそろお疲れモードなんですが、ここでもでかいコインロッカーがなく、あろうことかスーツケースをゴロゴロ引きながら散策する憂き目に。いい加減に(ry

02

駅の西口を出て、ひとたび南下。程なくして佐屋街道に出るので右折する。

03

この佐屋街道、歴史が好きな方であればご存知であろう。いわゆる東海道の脇往還で、宮宿(熱田)と桑名宿を結んでいた道である。
この間、東海道は「七里の渡し」という唯一の海上路になっており、迂回路である佐屋街道は欠航や船酔いを嫌った人たちに好評で交通量も結構多かった。

04

当時この津島には川を渡る「津島の渡し」があり、その名残が現在の天王川公園。
つまるところ、津島は街道沿いの宿場町として大いに繁栄したという歴史があるのだ。

05

佐屋街道が突然先細りするように二股に分かれるので、右側へ進む。住所で言うと「本町」。
この辺、「筏場町」とか「橋詰町」とか歴史を感じさせる地名がちらほら残っている。

06

結論から言うと、この本町界隈に古い町並みが密集している。
正面右側に見える古い町家は、1809年に建てられた「渡邉家住宅」。1975年(昭和50年)に今風に修復されていた家を、現家主が建築当時の姿に再現したという全国でもあまり例を見ないエピソードを有している。

07

40年前の修復で外されていたという屋根神様も復活。どこまでも徹底した再生ぶりである。
屋根神様とは、見ての通り屋根の上に祀られた祠で、愛知や岐阜でよく見られる。

08

まち歩きをするようになって思うのが、例えば大内宿妻籠宿みたいにガイドブックに載っている場所なんてごく一部であり、この津島みたいに観光地化されていないところのほうが実際のところ圧倒的に多いってこと。

09

古い町並みが残る、昔街道筋で栄えたようなところって行く前に初めてその名前を知ることも普通にあるし、逆に観光客が来ないようなマイナーな場所で素晴らしい町並みに出会うとなんか得した気分になったりもする。

10

そこで歴史を勉強すると「へー」とか「ほー」とかなるような発見があるし、この辺がまち歩きの面白さなんじゃないかなーと個人的には思ってるわけで。

11

「思い」は人それぞれだけど、同じように古い町並みが好きな方の“歩くための一助”になればなーなんて思いで、こうして今日も拙筆で綴っているわけです。
今後とも、どうぞよろしゅうに。

12

地方の商店街なんかでよく「○○洋品店」とか見かけるけど、呉服店ですよ。呉服店。
どんな商品が置いてあるんだろう。

13

写真撮り忘れたな。この後ろに「津島神社参宮道」と書かれた石碑が立っている。
津島神社とは、創建540年とされる古社で、津島市の名はここから来ている。宿場町として賑わうもっと前、津島は元々この神社の門前町として栄えたのである。

14

この場所はちょうど丁字路になっており、北側が「上街道」、南側が「下街道」、西へ行くと津島神社。昔はこの先に天王橋が架かっていたことで、それが『橋詰三叉路』の名の由来となっている。

15

旧上街道のほうへ進むと県道129号線に出る。ここを東へ行くと津島駅。
その角には、なんともレトロな「イトウ写真館」。

16

ちょっとだけ駅から遠ざかり、最初の辻を北へ曲がってみた。
続きは後編で!

(2ページ目へ続く)

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. maru より:

    まさしく、知らない街を旅していますね。
    こちらのように、観光地じゃないと
    一時でもいいから、住民になってみたいですね。

    • mast-mo より:

      観光地化されていないところのほうが意外と味があっていいですよ。
      人が来るとどうしても俗っぽくなっていきますからね・・