愛知県瀬戸市・『銀座通商店街』と『末広町商店街』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を書くに際して、ふと十数年前のことを思い出した。

それは学生時代のことで、岐阜の企業へ説明会に行った折、帰りのバス待ちで話しかけられた同じ就活生と意気投合し、連絡先を交換した。
その後、名古屋の企業に面接を受けに行ったときに、その彼の部屋に泊めてもらったのだ。

それが瀬戸市であり、彼は南山大の学生だった。

01

栄町から名鉄瀬戸線に揺られること30分。
高速道路で通過したことはあれど、瀬戸の地を踏んだのはもしかしたらそのとき以来かもしれない。もちろんこのときはそんなこと忘れてたので、懐かしさなどは皆無だった。

27

駅前にはなんとも不相応な建築物が建つ。
地元愛知出身の巨匠、故・黒川紀章がデザインした複合施設である。

02

瀬戸市と言えば、もはや説明不要なほど有名な焼き物の産地である。
市井の人には「瀬戸焼」よりも総称で使われる「瀬戸物」のほうがなじみが深いであろう。地名が代名詞になるほどここの焼き物は有名なのである。

03

そんな瀬戸にやってきたのは、実は以前から焼き物に関心を持っていたから・・なんてことは残念ながらない。

焼き物の話じゃこのサイトの記事書けないし・・

スポンサーリンク
広告336×280

銀座通り商店街

04

尾張瀬戸駅の近くに、昭和レトロな商店街がなんと二つもあると聞いてやってきたのだ。
一つ目が・・見えてきた。駅の東側にある「銀座通り商店街」である。

05

店舗数約50。その名は、瀬戸随一の繁華街だったことに由来しているそうである。
まぁ「銀座」を冠した商店街は大抵どこもそんな理由だろう。

06

誕生は明治時代とも。ただ、現存する店舗は大正~昭和初期頃が最古で、商店街として形成されたのはこの頃ではないか、と。いずれにせよアーケード商店街としてはかなりの古老である。

07

こちら、昭和4年創業の原田写真館。ほぼ当時の姿のまま残っている。
豆タイルがなんとも艶めかしい。もうどう頑張ってもそういう目でしか見れなくなってる自分が悲しい。

08

地域密着型の商店街ではこういうローカルな光景を見れることもあるようである。だいたいが森永か明治というところ、実に珍しい。

09

ちなみにアーケードが完成したのは昭和39年だそうである。あぁ、1964年、オリンピックイヤーだ。

10

さすがに焼き物の店もあった。
って、書いといてなんだけど「焼き物」ってあまり日常会話じゃ言わない気がしてきた。まだ「陶器」のほうが違和感なくしっくりくるような。

ま、どっちでもいっか。

11

おっと。もう反対側に抜けてしまった。意外と短い商店街だった。古いけど小ぎれいな印象を受けた。いいとこだったけど、個人的には末期的なオンボロ商店街のほうが刺さる。

12

抜けた先には深川神社の大鳥居。よく見ると足元に焼き物があしらわれている。
さすがは焼き物の街。なかなかいいセンスをしている。

13

市の中心部を流れる矢田川。この日は朝からすこぶる良い天気であった。
春の陽気も手伝い、絶好のまち歩き日和。

と言いたいところだけど、攻撃の手をまったくゆるめない天敵に苦しめられ、終始心がくじけそうであった。
何を隠そう、毎年この時期は花粉戦隊マスクマンなのである。

長年死闘をくり広げているものの・・一向に勝てる兆しはない。

(2ページ目へ続く)

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする