娼妓・阿部定終焉の地「京口新地」を訪ねる[1]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

兵庫県と言われると、「神戸」「有馬温泉」「淡路島」「姫路城」「夜景」あたりがぱっと浮かぶ。もう少し絞り出すと「かつめし」「播州ラーメン」などローカルフードが出てくるが、おおよそ一般人であればこのようなイメージだろう。
日本海と瀬戸内海に面したバカでかい県土を有し、海と山と都市化がバランスよくミックスされた、個人的にも住みたい場所の上位にランクインしている県である。

しかし、今回は神戸でも姫路でもなく篠山市という中東部に位置する山間の中都市に赴いてきた。目的はそこにあった遊郭跡「京口新地」である。
舞鶴若狭道の丹南篠山口ICから東へ5km。住所で言えば池上というあたりに京口新地はあった。

スポンサーリンク
広告336×280

大正楼

01
目指す場所には家電量販店のジョーシン篠山店があるのですぐわかると思う。
県道を挟んだ北側の路地が廓への入口になる。

02
いきなりとんでもないものがお出迎え。30年前のトヨタスターレットである。スタッドレスが積んであるところを見るとまだ走る・・ってことか。いや、でもサイドミラーがないぞ(笑)

ここで京口新地について、全国遊廓案内から引用してみたい。(読みやすいように旧字と仮名を少し変更しています)

篠山町遊廓は兵庫県篠山町糸口新地にあって、汽車なら福知山線佐野駅で篠山線に乗り換え賀古川の上流篠山駅で下車する。現在貸座敷二軒娼妓約百十名位居り陰店(かげみせ)を張って居る御定まりは一時間二円位で宵から引迄四円位、又昼間三円五十銭程度である。

貸座敷二軒に対して娼妓百十名というのは多い気がする。糸口というのが昔の地名なのか単に誤植なのかは不明。
そして、篠山町遊郭は、明治41年に歩兵第七十連隊がこの地に開設されたことを機にできたという至極わかりやすい起源を持つ遊廓である。

03
路地を歩いて行くとこの「大正楼」跡が目の前に現れる。

ここが、本記事の表題にした、阿部定が娼妓として最後にお勤めしていた妓楼である。
好き者であればおそらくその名を知らない者はいないであろう有名な女性である。1936年の阿部定事件はあまりにも有名。

04
生々しくもすべてが当時のまま残されている。
こんな片田舎の言ってしまえば誰も知らないようなマイナーな遊郭が役目を終えた後でもある意味脚光を浴びているわけだから、まさに阿部定さまさまだと言える。

05
元々芸妓だった定が娼妓に身を落とし、全国各地の遊郭を転々として、最後に流れ着いたのがここ篠山の地であった。しかし下等遊郭であった大正楼の仕事はキツく、わずか半年ばかりでここから逃げ出している。

06
阿部定事件をモチーフにした「愛のコリーダ」という映画があるのだが、ツタヤでレンタルしようとわざわざ家から離れた店舗に借りに行ったらまさかのVHSで泣く泣く手ぶらで帰ったという出来事があった。
さすがにビデオデッキはもうないよ(泣)

07
ここから逃げ出したのが1932年(昭和7年)のことであるから、この大正楼は優に築80年以上は経っているわけで、それだけでもここまで来た価値があったと思わせてくれる。

妓楼という建物は、だいたいが建築技術や材料に対してはその当時の粋を集めて造られるわけだから長持ちするのはある意味当たり前なわけであるが、全国的に見ても主がいなくなって取り壊されるケースが相次いでいるのもまた現実である。旅館に転業して現役なところもまだまだあるにはあるが、この事実はいつも向き合うたびなんともやるせない気持ちにさせられてしまう。

08
裏口にはトタンが打ち付けて入れないようになっていた。そりゃそうだ、面白がって入る阿呆な輩が絶対いるもんな。それにしてもこの森永ホモ牛乳の牛乳ポストはレトロマニアには悶絶ものである。

09
裏口から玄関方面を望む。と思ったら窓ガラスが割れて(割られて?)いた。

10
中をのぞいてみたら風呂場だった。
娼妓「阿部定」もここを使ったのかと考えたら妙に艶めかしい気分になる。

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする