大阪色街散歩 飛田新地周辺の赤線建築を訪ねて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大正時代に開業した飛田遊郭。
戦後の赤線時代を経て現在の料亭街へと姿を変えたことから、界隈には往時を思わせる赤線建築がちらほら残っている。

また、新地を取り囲むように青線地帯があったことが知られており、そのあたりにも怪しい建物が残されている。

まずはオーエス劇場前から。場所はここ。

動物園前一番街を歩くたびに、私道のような雰囲気とほとばしるアングラ臭で「なんという入りづらさか…」といつも思っていたこの路地。

こういうところはやはり早朝に限る。ちなみに、この日歩いたのは朝7時頃。

スポンサーリンク
広告336×280

ひょんなところで…

今度は商店街の西側。松乃木大明神のすぐそばで見つけたのがこのタイル貼りの建物。

このあたりは歩いたことなかったので、こんなところまであったのか~!と。いやぁ、それにしてもタイルが素晴らしい。

確かこの辺だったかと。

付近を歩いてると小料理屋をちょこちょこ見かけた。当時は二階で“いいこと”してたのかなー。

自転車のおかげで被写体のクオリティが格段に上がってる感のある激渋物件。特に落書きが最高。

昔は写真屋だったみたいですね。

続いて三洋荘。ここは商店街からも見えるし比較的有名なんではないかと。

場所はここ。

そして、三洋荘の先を右手に折れると素晴らしいカフェー建築のオンパレードが始まる通称「タイルストリート」。
↑今適当に命名しましたw

もう、いかにもという転業アパート。かつては夜な夜な男女の秘め事が行われていたのかと思うと…

初めて飛田に来たときは三洋荘の先までは行かなかったので、ネット上の写真を見ては「はて、ここはどこなんだ」と長年の謎だったんだけどまさかすぐそばだったとはね。

新開筋商店街が終わるところに建つ、緑タイルが美しい「末廣旅館」。

(2ページ目へ続く)

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする