岡山県

魅惑の木造三階建て!創業120年、北木島の老舗旅館「天野屋旅館」に泊まってきた

泊りがけの島旅では、「どこに宿を取るか」というのが比較的大きなテーマとなる。島によっては宿がなかったりすることもあるし、小さな民宿では通年営業してなかったりなんてこともある。 その点、このときの旅は...
0
岡山県

通称「石の島」。笠岡諸島最大の島『北木島』へ行ってきた

コロナの蔓延で近場や日帰り旅への制限を余儀なくされた2020年。GOTOトラベルが始まり、ようやく遠出が許される雰囲気が浸透してきた頃、筆者は瀬戸内の離島へと渡るべく満を持して西へクルマを走らせた。...
0
大阪府

大阪屈指のピンクゾーン。「十三」の路地裏がなかなか楽しいので是非見てほしい

大阪梅田を出発した阪急電車が京都、神戸、宝塚(北摂)方面へと分かれるターミナル駅が淀川を渡ってすぐの「十三」である。 関西人にはおなじみであるが、おそらく他地域の人は読めないだろう。非ネイティブの筆...
2
大阪府

発祥は江戸時代の乾物問屋街。天満・菅原町の「蔵のまち」を歩こう

江戸時代、諸国の産物の集散地だった大坂は「天下の台所」と呼ばれた。現在の天満橋から天神橋にかけての大川沿いには『天満青物市場』が開設され、野菜とともに全国の乾物が集まり、そこで取引され各地に流通して...
0
岐阜県

あんまり知られていないようですが…長良川の鵜飼見物に行ったら是非見てほしい「川原町」の町並み

岐阜市の観光名所を尋ねられたら、筆者は真っ先に「国際園」や「繊維問屋街」、さらには「柳ヶ瀬商店街」を推すがこのレコメンドが刺さる層が実際のところマイノリティであることはよくわかっている。 万人...
2
奈良県

THE 大和の原風景。悠久の歴史を刻む我が国最古の官道「竹内街道」をゆく

我が国の女性管理職の割合が世界的に低迷していることは周知の事実である。平均すると二桁にも届かない。そして、自治体の首長ともなれば2%まで下落する。日本はまだまだ女性が活躍する国とは言えないであろう。...
0
奈良県

古地図で大丈夫。江戸時代からほとんど変わってない「御所まち」の町並みがすごい

大阪と奈良の県境、金剛山地の山麓に位置する奈良県御所市。奈良盆地の南端、平野部と山間部の境界にあたるため江戸時代から交通の要衝として栄えてきた歴史のあるまちである。 新地商店街を抜けた先を曲がると...
2
奈良県

御所のレトロアーケード「新地商店街」と「末広商店街」

「御所」と聞くともっぱら京都をイメージする方が多いかもしれないが、奈良県に御所という市がある。読み方は「ごしょ」ではなく「ごせ」である。 (先日名柄の話を書いたばかりなので、知ってるよそんなの、、と...
0
奈良県

奈良なのに土佐!?元城下町のすごい町並み、高取町「土佐街道」を紹介します

「高取町」って知ってますか? 知りませんよね。いや、そうだと思います。奈良県にあるんです。って言われてもピンと来ませんか。まぁ無理もないですね。 下手したら関西人でもこんなかけ合いが普通に行われそう...
0
奈良県

女人禁制の霊山、大峯山の登山基地。修験道の聖地「洞川温泉」を訪ねて

吉野の山奥にある、奈良県の天川村をご存知だろうか。「てんかわむら」と読む。この天川村に、特異な歴史を持つ温泉街、『洞川温泉郷』がある。これまた初見ではなかなか読めない。「ほらがわ」ではなく「どろがわ...
0
奈良県

見どころたくさん!元吉野の商都、下市町下市を歩く

以前奈良の上市のことを書いたときに、吉野川の対岸にある下市についても少し触れた。 余談だが上市に対して「下市」もあり、こちらはもう少し下流の山側にやはり「願行寺」という寺を御坊として発展した。 ...
0
奈良県

葛城山に抱かれた宿場町…御所市「名柄」の町並み

大阪と奈良の県境には金剛山地と呼ばれる山並みが横たわっている。主峰「金剛山」と大阪府最高峰「大和葛城山」の間には水越峠というかつての難所があり、現在は国道309号線のトンネルが両者をつないでいる。 ...
2
和歌山県

和歌山に『アマルフィ』あり!迷宮の漁村「雑賀崎」の路地裏に彷徨え

「アマルフィ」と言えば、イタリア南部、アマルフィ海岸の斜面に築かれた美しい街並みが世界遺産にも登録されている有名な景勝地である。2009年に公開された織田裕二主演の映画『アマルフィ 女神の報酬』のロ...
0
和歌山県

栄枯盛衰を噛みしめよ。和歌山「ぶらくり丁商店街」

近畿圏における和歌山のポジションは、首都圏で言えば山梨のそれに似ている。互いに近接している東京、横浜、さいたま、千葉から見て甲府だけが離れているのと同じように、和歌山も京阪神から遠い。 それゆえ近畿...
0
大阪府

いかがわしさの向こうへ…布施の魔窟『柳小路料飲食街』が壮絶すぎた

近鉄布施駅の近くに、かつて「布施新地」という赤線があった。 そんな冒頭で始まる記事を書いたのは、2018年に初めて布施を歩いた日の出来事である。 あれから2年半。あの日、この街に宿題を残したまま帰...
0
兵庫県

かばんと近代建築の街。タジマニア共和国の首都「トヨオカ」を歩く

ヒョーゴスラビア連邦をご存知だろうか。 近畿地方に存在し、巷では「兵庫県」と呼ばれる多民族国家のことである。 そこは、「但馬」「丹波」「摂津」「播磨」「淡路」の旧五国から成り、現在もそのままその分類...
0
兵庫県

湯けむりと昭和が漂う湯のまち、「湯村温泉」をぶらり歩こう

山陰を代表する名湯、『湯村温泉』は兵庫県の最果て、隣はもう鳥取という新温泉町にある。   はて・・この町名、なんて読むのだ?きっと初見では誰も読めないような浮世離れした読み方をするに違いない。 以前...
0
兵庫県

闇市由来の巨大アーケード群!阪神尼崎のレトロ市場を攻略せよ

今となっては懐かしい思い出となってしまった感が否めないが、関西に移ってすぐぐらいに尼崎のレトロ市場を歩いた。いつか続編を…と思いながら、気づけば4年もの歳月が流れてしまっていた。東京にいた頃もそうだ...
0
京都府

城下町に名アーケードあり。福知山『内記新町商店街』

昨年の大河ドラマ、「麒麟がくる」で脚光を浴びた明智光秀ゆかりの城と言えばやはり京都の福知山城だろう。そんなわけで、2020年は福知山市が大いに盛り上がった年だった。 福知山と言えば、当ブログでも過去...
0
京都府

創業300年。海の京都、宮津に佇む文人墨客の宿「清輝楼」を訪ねる

股のぞきで有名な日本三景、「天橋立」がある京都の宮津市は古くから城下町、また、港町として栄えてきたまちである。 宮津と言えば、以前花街(遊郭)だった新浜地区を訪ねたことがあるが、伝統的な町並み、建物...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました