豊橋にあった東海道『吉田宿』は飯盛旅籠で有名な宿場だったそうです

この記事は約2分で読めます。

かつて吉田宿の城下町だった豊橋駅東口。
もう少しだけ、あてどなくぶらぶら歩いてみた。

松葉通り。
そこは豊橋最大の繁華街であり歓楽街だ。

これは・・

開けたら異人さんに引きずり込まれるヤツだ。
絶対に開けちゃならねぇ。

歓楽街を歩くときは、いつも元赤線だと疑ってかかり、無意識にその痕跡を探してしまう。

これはもう病気と言っていい。きっと医者にも手遅れと宣告されるだろう。

黄緑タイルのあった建物はなんとも悩ましい意匠をしていた。

絵面的には美容院?のような雰囲気。

またまた、冗談でしょw

この松葉地区。キャバクラやスナック、居酒屋など全部合わせて400店ぐらいになるらしい。
とんでもねぇ歓楽街だ・・

豊橋はおろか、実は三河地方で最大の盛り場になるそうな。
なんということでしょう・・

スポンサーリンク

松葉小路

一本お隣は「松葉小路」

まぁ、こっちの通りも似たような景色ですわ。
次々行きましょう。

スポンサーリンク

鑑札見つけた

松葉小路を抜けて、ブロックふたつ分北へ。
ちょうど旧東海道が豊川へ向けて北へ折れるあたりで・・

まずひとつ目。小料理店。

そしてふたつ目。

このうなぎの寝床みたいなやたらと長い・・えっと「三陽荘」と書いてあるから元旅館かアパート?

に・・

どん!!

まさかの遊技場!!

たぶん愛知で「遊技場」見たのは初めてだと思う。

というわけで、ひとしきり歩いたのとそろそろ暗くなってきたのでこのへんでお開き。

 

おまけ。惜しまれながら昨年閉店したスマートボールアサクラ。

今や温泉街ぐらいしか見かけなくなったけど、大阪の新世界にはまだ現役店がある。

スマートボール、ほんと楽しいので大阪に行ったら是非遊んでみてね。

[訪問日:2019年2月17日]


コメント

タイトルとURLをコピーしました