富士山麓のニューワールド!御殿場の赤線跡「新天地」を歩く

思った以上に見どころ満載だった「御殿場新天地」をもう少しぶらぶらしてみることにしよう。

ここは夜に来たらどんな雰囲気なんだろう。
まぁ、スナックばかりなのでまったくそそられませんけども。

ここは今でも新天地って呼ばれてるのかな?
呼ばれてますよね、きっと。

スポンサーリンク
広告336×280

壮絶な物件があった

おおぉ、なんかわからんがものすごいことになっている。
崩落しそうで立ち入り禁止になってますやん。

ちょうどスナックなんかよりこういうのを見たいと思ってたところだったんだ。
いやぁよかったよかった。

ありがとうございます。

大体歩いたかな?まだどっかあるかな。

 

いくら御殿場が夏は涼しいとか言ったところでそれはもっと富士山に近いほうの話で、御殿場駅は標高450mほど。

昨今のトチ狂った猛暑をしのげるほどのポテンシャルはありません。

つまり何が言いたいのかと言うと、暑すぎて散策のモチベーションが著しく下がってましてですね。。

これはもちろんこのあとに続く言い訳への布石なんですが、すべての路地をくまなく歩かなかったせいで・・一級品とも言うべき元キャバレーの建物を見逃しましたorz

こういう悔しい思いをしないためにも、まち歩き、路地歩きをされる方はすべての路地を歩くことを是非とも肝に銘じていただきたく。

こんなところで御殿場新天地の散策を締めようかと思うんですが、あ、そうだ、ちょっとだけおまけがあったんだ。

 

駅前通りを挟んだ反対側に、もう廃業してるっぽい旅館があった。

その横にはこれまた渋い喫茶店が。
アイス珈琲の1杯でも飲んでこうと思ったけど定休日だった。

残念。

[訪問日:2019年8月13日]


スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

フォローする

コメント

  1. 定マニア より:

    進駐軍の・・・と聞くと、♪Mama do you remember〜 母さん、僕のあの帽子どうしたんでしょうねが、思い浮かぶのは私だけでしょうか。あの映画では、横須賀の赤線地帯が舞台になっているのですが。でも、ここでもひょっとしたら映画のようなドラマがあったかもしれませんね。勉強不足ですが、人間の証明の歌は、西條八十(やそと読みます)氏の僕の帽子を英訳した歌だと大人になってから知りました。

    • mast-mo より:

      なかなか不勉強でして、その映画初めて知りました。
      ロケ地を調べてみると、横須賀の若松町あたりで撮影が行われたとありますね。
      興味が湧いてきたので、今度観てみようかと思います。