岐阜にはかつて「日本昭和村」と言うテーマパークがあったそうな

何やら岐阜に『昭和村』とかゆーテーマパークがあるらしい

そんな噂を聞いてから、じゃあいつか行ってみようか、ぐらいに思っていた  ―名前しか知らない正体不明の― その場所に、昨年よーやく行ってきた。

やって来たのは岐阜県の南部、美濃加茂市。
東海環状道の美濃加茂SAに併設する形で、「道の駅みのかも」がある。その道の駅に隣接するのが昭和村・・だと思ってやって来たんだけど何か様子がおかしい。

スポンサーリンク
広告336×280

ぎふ清流里山公園?

かいこの家

そして現地で知ることになった衝撃の事実。

日本昭和村は2018年4月、「ぎふ清流里山公園」へリニューアルし、それを機に入場料も無料になったそうな。

知らなかった・・。

ちなみに、道の駅も「日本昭和村」→「みのかも」と改称したらしい。
いわゆる大人の事情なのか、よほど痕跡を消したかったと見える。

さて、この昭和村は以前はどんなところだったのか。端的に言えば“昭和30年代の里山を再現した公園”で、木造校舎の学校や古民家、茶畑なんかもあって大いに昭和を感じられるスポットだったようだ。

で、リニューアルしてどう変わったかと言うと、既存のものを残しつつ新たな遊具やアトラクションも増えて以前よりパワーアップしたらしい。

つまり、ベースはほとんど変わってないと。
ならよかった。

ただ、行ってみて思ったのは、まるで「愛・地球博」の会場跡地を小さくしたみたいな何とも煮え切らない感じのスポットだなぁと(笑)

元が取れたからなのか採算が合わなくなったからなのかは分からないけど、無料化は妥当だったんじゃないかな。。

昭和30年代にブームを巻き起こしたロバのパン屋の移動販売カー。

あ、本物が出てきた…。

当時の写真など。

ロバのパンの発祥は札幌で、その後全国的に広めたのは京都の「ビタミンパン連鎖店本部」と言う会社。札幌では本当にロバだったけど、いわゆる『ロバのパン』は馬に引かせた馬車で販売してたそうですね。
馬車が時代にそぐわなくなってくると自転車や自動車へとその形を変えて続いていくんだけど、なんと「ビタミンパン連鎖店本部」は現存しており、たまに京都市内で移動販売をしてるそうな。

ちなみに、札幌のほうも「株式会社ロバパン」として今も存続してます。

昭和パビリオン

名前からしてやっぱりモリコロパークじゃん!ってツッコみたくなる「昭和パビリオン」は、昭和の学校を再現した施設。正式名称はやまびこ学校。

実は一番の目的がここで、実際ここが最も楽しかった。最も奥まった場所にあるし、明らかにキラーコンテンツの位置づけなんだろうと思う。

まぁ、外観は学校なんだけど、中はいわゆる昭和レトロ系の博物館に近い感じの。

マツダ・T600。

こういうとこって基本「ミゼット」なのに、あえてT600を持ってくるところに並々ならぬこだわりを感じる。

うーん。土管がない。
失格。

井戸があるなら洗濯機じゃなくて洗濯板じゃね?
ってツッコみたくなった。

ちょっと区切ります。

(2ページ目へ続く)