群馬県・太田市『焼きそばの街に残る聖域』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年伊香保温泉に行ったときの記事を3つほど書いてきましたが、今回が最終回。
本当は二日目は四万温泉と法師温泉をはしごするつもりだったんですが、朝起きたらまさかの「午後から関東全域雨」とかいうスマホを叩きつけたくなるような悲報

雨に弱し。これぞツーリング旅最大のウィークポイント。

01

しゃーないので、博物館を出たらそのまま帰路へ。
雨雲レーダーとにらめっこしながら、まだ行けそうだったのでちょっとだけ寄り道。
やってきたのは焼きそばの街、群馬県は太田市。スバルの企業城下町としても有名な街ですね。

02

こんなとこに何しに来たのかと言うと、まぁいつものヤツです。
駅の近くに赤線だった界隈があるとかないとか。

スポンサーリンク
広告336×280

太田は思った以上に寂れていた

03

工事中だった駅前を横目に、線路沿いを西へ。ほぼ駅前でこのスペック。
北関東随一の工業都市がこの有様とかちょっと泣けてくる。

04

太田ってそこそこの中都市でそこそこ栄えてるのかなって思ってたけど、駅前見る限りだとそんなこともなかったようですね。
正直焼きそばのイメージしかないです。

05

太田焼きそばは厚木B-1グランプリに行ったときに会場で知って、食べてみたら何の変哲もないソース焼きそばで逆の意味で衝撃を受けたという思い出の一品。
一応「日本三大焼きそば」なんだけど、富士宮と横手に比肩するのはちとキツイんじゃないかと。どっちも現地で食べたけどあれほどの個性はないでしょ。

06

話が逸れましたね。遊里を見に来たんだ。焼きそばの話をしてる場合じゃない。
国道を渡り、なおも進むとすでに引退した飲み屋群が現れた。
遊里臭がする・・目的地は近そうだ。

07

高崎の記事で書いた通り、群馬は日本初の廃娼県なのでいつも参考にしてる『全国遊廓案内』にはそもそも記載がなく、ここ太田に関してはなんと戦後の『全国女性街ガイド』にも記載がない。
さらに言えば赤線散策の第一人者である木村聡氏の著書にも見当たらない。

08

艶っぽい丸窓を発見。
まぁ、知ったのは遊里系ブロガーの諸先輩方のサイトに載ってたからなんですがね。
ただ、それしか情報源がないというケースは過去歩いた場所ではひとつもなかったように思う。

09

有名ドコロから始めるからそれも至極当然な話で、これも長くやってきた証なのかな、と適当に解釈することにする。
さて、どうも赤線だったのは「太田市本町」というところらしい。電柱の文字が一致する。ってことはこのあたりか。

10

って・・なんじゃこりゃーー!!
「濱乃家」・・Googleマップ上も同様。名前から推し量るに、割烹店か何かだったんだろうけど・・んにしてもこれは酷い。

11

奇抜な色彩と奇っ怪な造形を持つ謎の建物があった。

12

そこから西へ続く脇道へ入ると、すぐさま一風変わった洋風建築もどきが目につく。
ナンデスカコレ。

13

ファサードはこんな感じ。
実はこれ元病院で、以前は「三吉医院」の看板があったようですが撤去されてました。もしかして解体が近いのかな。

(2ページ目へ続く)

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする