秩父・旧下平通りに残る花街跡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本庄に寄ったあと、さらに秩父で寄り道。
秩父と言えば、お隣がもう山梨県という埼玉県の最果て。ハイカーや山屋さんにはお馴染みの地であるが、ひとつだけ、パンピーにもよく知られている超有名観光スポットがある。

16

それがこの羊山公園の「芝桜の丘」。(2012年5月撮影)
休日には殺人的な渋滞が発生するが、それでも一見の価値があると個人的には思う。
秩父に来たのはこのとき以来。実に3年半近い歳月が流れていた。

01

滞在時間も短かったため、直接現場付近までバイクで乗りつけささっと散策。
これは、明治33年に芝居小屋としてオープンした旧秩父座。その後映画館となり、外観だけはそのままで現代はイタメシ屋となっている。

02

場所で言うと、秩父鉄道「秩父駅」の目と鼻の先。現在、国道299号を徒歩で南下中。

03

国道は本町交差点で左へ折れる。ここは駅や羊山公園からも近く、踏切があるので渋滞のメッカとなっている。
国道から逸れ、もうちょっとだけ南下する。

スポンサーリンク
広告336×280

下平通りへ

04

埼玉縣信用金庫の秩父支店が見えたら、おもむろに裏路地へと分け入る。住所で言えば秩父市本町。明治時代は下町と言ったらしいが、したまちではなく「もとまち」と読む。

05

結論から言えば、かつてこのあたりは花街だったらしい。
早速それっぽい建物が出てきた。

06

そしてその向かいに建つのがネット上で「元妓楼」と称されているこの建物。屋号を「花月」と言ったそうであるが、花街跡であれば妓楼ではなく料亭か待合だったのでは。

07

戸袋には桜と三日月。この上なく風雅である。

08

なんとも保存状態がよいが、実はここ、現在はヨガ教室として余生を過ごしている。
生徒さんはおそらく初老~高齢者の方が多いのでは。だとしたらこの建物にぴったりの業態だなぁ、なんてちょっと思う。

09

玄関まわりがまた素晴らしい。ステンドグラス風の飾り窓、玄関灯も雅な趣き。

10

傍らには、かつてこの辺りが花柳界だったことが記されていた。「下平通り」と言ったそうであるが、おそらく読み方はしもひらではなく「もとひら」であろう。テレ朝の某肉食系アナではありません。

11

その先の四ツ辻になんともまた悩ましげな建物が建っている。
おそらく花街の遺構だと思うが、何に使われていたのだろうか。

12

玄関脇に小窓。顔見世用?
想像は膨らむばかり。

13

その向かいにもまたパンチの効いた木造長屋。
軽く戦前からここに建っていることは間違いないであろう。

14

もう少し歩いて行くと、すこぶるレトロな銭湯が登場。
「たから湯」と書いてあるそうだが…読めねぇ。ちょっと暗号解読班頼む。

15

秩父と言えば門前町、宿場町として古くから栄えた町。レトロ建築や伝統的建築物が点在するという土地柄。
いつか時間作ってゆっくり歩いてみたい。

[訪問日:2015年10月25日]

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索
スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. maru より:

    秩父はまだ探索していないので、参考になりました。
    秩父夜祭も有名ですね。

    • mast-mo より:

      毎度公開が遅くてすみません。紹介した遺構たちは、たぶん今でも残ってるんじゃないかと。。
      夜祭、初めて知りました(笑)