潜伏キリシタンの天草へ!世界遺産には目もくれず本渡の色街を見てきました

この記事は約2分で読めます。

天草・本渡のまちをぶらぶら。

天草最大のまち、と言うけどずいぶん旅館が多い印象を受けた。
こんなにあって需要あるんかな・・?

“天劇”と書かれているこちらの渋い建物は、元映画館の「天草映劇」。
今じゃ見る影もなく。

ちなみに本渡には『第一映劇』と言う天草市唯一の映画館があって、一昨年に一度閉館が決まったものの奇跡的に存続したという話がある。

映画館というツールは地方では娯楽として欠かせないと思うので、いいニュースだと思うし今後もまだまだ続いてほしい。
(てか、この人口なら全然映画館いるでしょ!)

 

なんかよくわからんけどいかがわしい建物だ…。
実にけしからん。

隣もまたしかり。
昔は何だったんだろうね。気になるな。

スポンサーリンク

池崎写真館

吃驚した。こんなすごい建物が通りに面してぬけぬけと建っているとは思わなかった。

昭和9年竣工の池崎写真館さん。
ライオンのレリーフが特徴的。

中はどんな風になってるんだろうか。
見てみたい。

 

最後に、巷で“元妓楼”と紹介されている建物はまだ健在だった。

現在は「駅」と言うバーになっている模様。
泊まりだったら行ったんだけどな…。

 

さて、そろそろずらかろうか・・と戻りかけて、何気なく曲がった路地で

 

( ゚д゚)ハッ!

 

見つけた!!!

円柱豆タイルですよ奥さん!!
すげ~。ゾクゾクした!

天草市本渡にあった色街。
昔はよほど栄えただけあって、繁栄の名残を大いに感じられる街だった。

充分すぎる収穫を手に、次の目的地へと向かった。

[訪問日:2019年10月11日]


コメント

タイトルとURLをコピーしました