神戸 新開地商店街を歩く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12

引き続き新開地商店街を歩く。湊川公園に向かって歩いて行くと、二丁目からやがて一丁目に入る。
このええとこリフレインは、1ページ目で書いた聚楽館が「ええとこ」と呼ばれていたことに由来するらしい。

11

何も考えずに脇道に入って行くと、昭和の残滓が色濃く残っていて途端にテンションが上がる。
これだよこれ。こういうのを見に来たんだよ。

スポンサーリンク
広告336×280

尽きた命運

10

かつては文化の中心だった新開地も、市役所が三宮に移ったことで年貢の納めどきを迎え、以後衰退の一途をたどり風紀も乱れていった。
この事実を最上級のわかりやすさで現しているのがこの雀荘だと思う。
しかしこれは「へいわそう」と読むのか。「ぴんふそう」と読むのか。

13

レコードショップとはまた大層な代物に出会ったもんだ。三が日だったため休業中なのが残念。
それにしても未だにLP買う人っているんだろうか。

14

レコード屋の隣も絶賛正月休み中のようです。
いや、リニューアルに向けて休んでるんだな。うん、きっとそうだw

15

そしてもういっちょ。やっとこのサイトで紹介するのに相応しい風景が出てきた。
小ぎれいな商店街から追いやられたかのように、遠慮がちな表情で旅人を出迎えてくれた。

16

いくら新開地が古い街とは言え、お洒落タウンの代表選手とも言える神戸の市街地でこういう光景に出会うと、まるで秘孔を突かれたかのごとく旅情を刺激された気分になる。

18

みすぼらしい建物からは、歴戦の戦士のような風格すら漂う。何という心地よさであろうか。

17

が、せっかくの盛り上がりムードもこの看板のせいでぶち壊し。
「その筋」って「どの筋」だよw

19

商店街を抜けて湊川公園に到着。こうして歩いてみると、かつてここが現在の三宮であったなんて思いもよらないほどのレトロ加減で実に楽しかった。
でも、「ええとこ」って実はこの左手先にある特殊浴場のことを指してんじゃないの?ってしっかりツッコミを入れてから帰路に着いた。

[訪問日:2014年1月2日]

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする