江戸や明治だけじゃない!『高山昭和館』に天領だったまちの本気を見た

この記事は約2分で読めます。

今流行りの昭和レトロ系博物館。その中でも、展示量とクオリティにおいて全国でも上位に食い込むポテンシャルを持つ施設が高山市にある『高山昭和館』。

電気屋やおもちゃ屋のあるところがすでにそうなんだけど、お次が『昭和通り』と言うコーナー。

あるとこにはあるけど今や絶滅危惧種のスマートボールも普通に遊べちゃいます。

昭和30年のたばこの値段。物価が違うにしろ、一箱30~50円ぐらいって今が500円で1本25円だからもうちょいしたら当時の一箱に追いつくね(無表情)

床屋もよぉ再現されてますね。

このジュークボックス、なんと現役の模様。
これはもう湖に赤いバラを捧げた憂いの旅っすわ。(分かる人は適当に察してください)

スポンサーリンク

実は2階がある

ハイクオリティの展示に圧倒されてもまだ終わらない。
実はここ、2階がある。

まず最初は『昭和の道具』コーナー。

電話は、黒電話、スヌーピーの他にミッキーもあった。(著作権的にキワドそうだったので掲載は見送りました)

民家ですね。2階にもあった。

お次は「小学校教室」。

イマイチ自分が食べてた給食がどんなんだったか憶えてないんだけど、金属の食器は小学校時代使ってたような・・

今ってプラスチックですよね?確か。

そして『ファミコンコーナー』。

あかん、これ絶対楽しいヤツだ!

ファミコン(ファミリーコンピュータ)とスーファミ(スーパーファミコン)が普通に遊べちゃう・・これはヤバい。

さすがにこのコーナーは大人気ですね。

ドラクエとかパワプロとかドラゴンボールとか・・青春時代ど真ん中すぎて辛い。

 

再び1階に降りてきました。

名残惜しいのでもうちょっと見てこう。

交番。

楽器屋さん。

このレコードジャケット見てるだけで余裕で1時間くらいつぶせそう。

ダビングとかできるやつだっけ。
なんかものすごいまがまがしさを感じる・・

最後は雑誌コーナー。
よぉこれだけのモノを集めましたね。
って言いたくなるほど充実した展示に終始圧倒されました。

高山に行ったら是非とも立ち寄ってほしい、ホント素晴らしい博物館だった。

これだけあれこれあると、高山だけで普通に2泊ぐらいしたほうがいいんじゃないかと思えてしまう。

という訳で、もう少し高山編続きます。

乞うご期待!

[訪問日:2019年9月15日]


コメント

  1. サクライキョウコ より:

    平成に入ってからだったと思いますが、白人女性二人が、「♪スイスイ クルクル ミゼット2」と歌って宣伝していたような気がします。もちろん4輪車です。あれ、どうなったんでしょう。

    • mast-mo より:

      そのCM、探してみたらニコニコ動画にありました。
      ミゼット2は、2001年に販売終了になったようですね。発売から5年ほどとかなり短命だったようです。

タイトルとURLをコピーしました