開運招福!甦った明治の旧料亭「花月楼」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

勝山、湊遊郭
かつて花街として栄えた河原町通り(勝山市本町)に、目新しい建物が1軒建っていた。

「花月楼」と書かれた料亭建築。花街の名残であることはひと目で解ったが、何やら外に開かれている様子。
何かのお店か、それとも資料館的なものだろうか。

これは気になる。

看板には、「まち中の伝統文化と食の拠点として生まれかわりました」とある。
何やらようわからんので、とりあえず入ってみた。

声をかけると店員さんが出てきたので、見学したい旨を告げると気持ちよく迎え入れてくれた。

スポンサーリンク
広告336×280

旧料亭花月楼

1階が郷土料理のランチビュッフェ、2階が団体客向けの座敷になっているようだ。
食事じゃないので2階にあがる。

花月楼は明治30(1897)年に建てられた料亭。料亭は平成11年に閉店し、その後は女将さんが住んでいたが、2016年に市に譲渡。

最小限のリノベーションにとどめながら改修し、今回のリニューアルにこぎつけたらしい。
登記上は明治37年築ということになっていたのが、改修の際に屋根裏から見つかった文書により、本当は明治30年ということがわかったという。

これが座敷。さすが元料亭、広い。
ちなみに、20畳と32畳の大広間がある。

4月28日にオープンしたそうなので、ちょうど1週間前。
まさに棚ぼたなタイミングだった。

花月楼は開業当時は料理屋で、途中から料理旅館に姿を変えたそうである。
岡本太郎や水上勉など、著名人も宿泊・食事をしたというのだからすごい。

必見なのが、この広間の天井。傘状になっているのがおわかりだろうか。
この意匠を凝らした傘天井が、花月楼最大の見どころ。

今回、これを活かしながら改修したんだとか。

2階には芸妓の控室や客室もあり、料亭(料理旅館)ならではの特徴が残っている。

二階から眺める河原町通り。

一晩で百人ぐらいの人で賑わったことから「百人町」という呼び名もあったと。

この意匠は松だろうか。

1階のランチビュッフェは大人1600円(平日1300円)、子供700円。
カフェタイムは500円(飲み放題)、デザートセットで980円と比較的リーズナブルな料金設定。

二階の座敷は完全予約制で、昼御膳が1700円~4500円。夜が4500円~(10名以上)とこっちはややハードルが高い。

来るなら昼がいいかな。

来る前から知ってたら白峰でお昼食べなかったのになー。
と思いながら見学終了。

いいもの見れた。ありがとうございました。

ファーッwww
手書き!!?

花月楼はパワースポットだった

店員さんにお礼を告げて帰ろうとしたら、「松の木は見ましたか?」と。
なんのこっちゃと思ったら、外にこんなのがあった。

梅の木から松が生えている・・という夢のコラボレーション。
そして、妙なところに枡が置かれている。

松梅(しょうばい)と枡(ます)

「商売、ますます繁盛!!」

ということらしい。

お後がよろしいようでm(__)m

しかしまぁ、松も梅も縁起物。いやはやいいもの見れた。

こりゃのちのちいいことあるかもなぁ。
なんて思いながら帰路についた。

5日間、か。いい旅だった。

[訪問日:2017年5月7日]

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする