歓楽温泉郷・山形県『天童温泉』に東北の底力を見た

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山形県は天童温泉。
古くから歓楽温泉郷として名を馳せたその温泉街には、今もピンクタウンが健在である。

スポンサーリンク
広告336×280

ここは本当に温泉街なんだろうか

05

先ほど寄り道した「ぎおん小路」入口の先。
これぞ昭和の温泉街、というむしろ清々しささえ覚える光景に悶々とした何かを感じずにはいられない。

06

その先に、今度は「カロキタウン」なる小さな桃源郷が出現する。吸い寄せられるように中に入って行く。

19

やはりここもご多分にもれずスナックの入居率が異常に高い。
しかし気になるのはなぜかエヴァ色が濃いということ。どういう関連性なんだろう。

07

さすがに店が多すぎて飽和状態なのか、入居者募集中のところもちらほら。
雰囲気はよいんだけどこの看板。違和感全開だわ。

08

まただ。マリまでいるよ。エヴァチルドレン勢揃い。
ここは第三新東京市か!?

09

いやー。こんなに需要あるのかな。明らかに供給過多な気がする。
失礼だけど天童温泉ってそこまでブランド力や集客力ないと思うんだけどなぁ・・。

11

どうでもいいけどスナックって入ったことないんですよね。別に入ってみたいとも思わないけど。性格的に合わない気もするし。
ただどういうところなのか知ってみたい気持ちはちょっとあったり。

17

ほとんど歓楽街のレポみたいになってしまい、我ながら生産性のない文章だったと思う次第でして。
もう桜も散ってました。GWと言えば桜前線は青森。弘前公園あたりまで行かないと。

18

「金将」の駒は別に飾りではなく、実はこの橋が「金将橋」という名前だからというオチ。

10

実はそこまで歩きたかったわけではなく、ほぼ通り道だったので立ち寄っただけ、の天童温泉。
このときの東北遠征は、仙台からスタートし山形⇒秋田⇒岩手⇒宮城のルートでぐるっと周遊してきました。

というわけで、しばらく東北エリアの記事が続きます。乞うご期待!

[訪問日:2015年5月2日]

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
現在地
Google Mapsルートを検索


スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. maru より:

    エヴァ色強いですね、、、(汗)
    「にげちゃだめだ!」ということなんでしょうか?(笑い)