2019-08

佐賀県

守られてきた秘伝のタレ!秘窯の里『大川内山』で風鈴の音に酔いしれる

17世紀はじめ。陶工・李参平が有田の泉山ではじめて陶石を発見したことから我が国の磁器の歴史が始まった。 有田内山の記事を書いたときにそんな話をした。 鍋島藩(佐賀藩)は磁器生産を奨励し、その結果有田...
0
長崎県

とある離島の港町…的山大島『神浦地区』の町並み

日本一島の数が多い県をご存知だろうか。 2位が鹿児島で「605」、実にその1.5倍以上の「971」と言う圧倒的な数でトップに君臨するのが長崎県である。 今回は、そんな長崎のとある離島の話をしようと思...
0
長崎県

日本史史上まれに見る一発屋…長崎県平戸市で異国の風に吹かれよう

長崎県の北西。 そして、陸路で行ける場所としては日本国内最西端。文字通り“最果て感”満載の長崎県平戸(ひらど)市。 そんな平戸をぷらぷらと歩く機会があったので、街並みとともに歴史についてもちょっとだ...
0
佐賀県

漂う風格がすごい!磁器生産のふる里・有田の重厚な町並み

「有田」と聞くと関西人はみかんを連想するかもしれないが、今日お伝えしたいのは和歌山ではなく佐賀の有田である。(ちなみに和歌山は「ありだ」、佐賀は「ありた」) 『有田焼』で知られる佐賀の有田は、日本に...
0
香川県

『春駒』を忘れない ~あの夏の新堀遊郭~

2014年12月。 気がつけば、あれから3年半あまりの時が流れていた。 うどん県まるがめ市。あの日やり残した宿題を終わらせる日を、どうやら無事に迎えることができたようだ。 思えば、四国に来ること自...
2
岡山県

岡山市・西遊郭跡 ~もうひとつの遊郭島~

川の中州にふたつの島が寄り添うように浮かんでおり、それぞれが住宅街として機能している。それだけでもずいぶん興味深いが、それぞれに遊郭があったと言うからなおのこと興趣が尽きない。 今度は西側の島へと行...
0
岡山県

大都会のパラレルワールド 岡山『東遊郭』を歩く

岡山は大都会である。 それはすでにネットスラングの域を超え、事実上のデファクトスタンダードでさえあると思う。会社の同僚(岡山市出身)などは、自信満々のドヤ顔で「ん?あぁ、てか車が空飛んでるからね」と...
2
岡山県

世界よ、これが倉敷だ!アナザー美観地区、『川西遊郭跡』に刮目せよ

白壁の蔵。風にそよぐ柳が、川面にさらさらと影を落とす。 倉敷美観地区。 観光でこの街へやって来る人は、十中八九、いや、おそらくそれ以上の人がここへ行き、満足して家路に着くことであろう。   だが、そ...
0
山口県

下関・新地遊郭跡 ~海峡の色街を訪ねて~

本州と九州とを分かつ関門海峡。かつて平家が最期を迎えた「壇ノ浦の戦い」、その舞台となったのが本州最果てのまち下関である。 その下関に、本州最果ての遊郭、『新地遊郭』がある。長年行きたかったこの場所に...
2
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました