天国か地獄か。横浜 黄金町の今を見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その駅に降り立ったのはそのときが初めてであった。
吹き抜ける風に夏の息吹が混ざり始めた5月も終わろうというその日。

0001

赤い電車に揺られて、横浜は黄金町にやってきた。目的はただひとつ。かつて魔窟とまで言わしめた、暗黒の歴史を呑み込んだ街の風景ををこの目で確かめたかったからだ。

スポンサーリンク
広告336×280

『天国と地獄』の舞台にあったちょんの間街

0002

改めて説明する必要もないと思うが、黄金町はかつてちょんの間が身を寄せ合うように密集して立ち並ぶ私娼街だった。黒澤映画、『天国と地獄』では犯人竹内が覚醒剤を使って殺人を犯す麻薬街として描かれている。

0003

目の前を流れる大岡川は、いつだったか一世を風靡したあのタマちゃんも来た川だ。今ではすっかり桜の名所と相成っているが、魔窟時代は水質汚濁でリア充など到底近寄れないような臭気が立ち込めていたそうだ。今では想像もできない。

0004

今からちょうど10年前。横浜開国博「Y150」に向けたイメージアップの生贄に選ばれたのが黄金町だった。神奈川県警が威信をかけてつぶしにかかり、街はあっという間に壊滅に追い込まれた。

0005

現在でも外面はちょんの間時代のそれと変わらない。しかし、入居しているのはお洒落なカフェやショップだったりとどこにでもある町並みになっていた。

0006

果たしてそれが小学生の本心であったかどうかは甚だ疑わしいが、2006年に立派な社会貢献が行われたようだ。そんな子どもたちも今年成人を迎えるのか。時の流れは早い。

0007

川沿いの裏、ガード沿いの路地には行き場を失った家財道具たちが悲哀の色を滲ませながら陳列されていた。

0008

反対側に移動してみた。かつてちょんの間が軒を連ねていた高架下は封鎖され、とても最盛期の90年代には250あまりの店舗がひしめいていた界隈とは思えない生気の抜けたような表情を晒していた。

0009

黄金町は、大阪・飛田新地沖縄・真栄原社交街とともに三大ちょんの間街と言われていた。バブル景気に乗り、昭和50年代以降アジアから出稼ぎに来た女性たちが街を席巻するようになる。

0010

それに追われるように、日本人女性は川向こうの曙町へ。身の安全と安心のために合法の風俗店に流れて行ったのだ。

0011

間口が2mほどしかない店先では、赤い光にぽうと照らされた娼婦たちが片言の日本語で男たちを誘う。まるで誘蛾灯に集まる蛾を見るような光景がここの日常だった。
相場が20~30分で1万円だったというから飛田よりも安い。手軽に遊べたことが街の発展につながったことは想像に難くない。

0012

ガード沿いからふらふら路地に入って行くと魔窟の痕跡をとどめるような町並みが残されていて、まるで結界を越えて「異界」に迷いこんでしまったかのような錯覚を覚えた。

0013

が、「入浴隨意」の意味がよくわからない。直球に見せかけた変化球のような言の葉に思わず唸り声が出た。奥が深いな黄金町。

0015

まぁ、身も蓋もないことを言い放つならば、たぶん風呂つきのちょんの間(要するに連れ込み宿)だったってことだろう。
衛生面を気にする人にとっては「天国」であったに違いない。

0014

ガード沿いはすでに浄化作戦のもと一掃されてしまっているので、今、黄金町を歩くとしたらこのあたりが一番の、そして唯一の見所になるであろうか。そんな風に思った。

(2ページ目へ続く)

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 大坊つよし より:

    黄金町のちょんの間は無くなる3年ぐらい前に一度だけ利用したことがあります。高架下脇の店舗だったことだけは覚えていて、日曜の昼下がりでひっそりとしていたのですが店のドアを開けるとちゃんと店内で女性が一人で待機していて、そこで値段の交渉をするような形でした。小料理屋といいつつも料理やビールすら出ず、交渉成立したらすぐに二階へといった感じでした。
    一階の店舗は当然ながら狭く、上への階段も狭く急で二階も狭くかつ薄暗く、布団が敷いてあるだけでした。ちなみに相手をしてくれたのは台湾の方で当時は日本人はほとんど居ず、衰退していたように思えました。今思えばいい経験? をさせてもらったなと思う一方、周辺住民からすれば怖いしイメージダウンになるしで無くなっていく方向になってしまったのは時代の趨勢という気もしますね。

    長々と失礼しましたm(_ _)m

    • mast-mo より:

      大坊つよし様
      コメントありがとうございます。リアルに当時を知る方からのお話、非常にありがたく思います。
      おおよそそんな感じかなと思っておりましたが、実体験を聞けて腑に落ちました。15年くらい前の出来事でしょうか。もうそんなに経っているのか、と言う印象です。
      今ではもう暗黙的に営業している場所もほとんど消えてしまいましたね。関西の新地ぐらいではないでしょうか。おっしゃる通り時代の流れかと思います。

  2. より:

    ここもつまらない街になってしまった。全盛期はタイやフィリピンのボディコンのお姉ちゃん達が軒先に並んでて「え~らんでぇ~(選んで)」と大合唱。ある店は細長い階段にお姉ちゃんが5人くらい縦に座っていて微笑みかけてくる・・・いい街だった。
    今じゃ内輪ウケのアート気取りのチンケな入りにくい店がひしめいてて近寄り難いね。
    ホントにつまらない似非アート町。

    • mast-mo より:

      そのお話を聞くと、ホントいい街だと思います。
      当時を知る人からしたら、やはりものすごいギャップなんでしょうねぇ。私が行ったのはもう3年前なので今がどうなってるのかわかりませんが、まぁだいたい想像はつきます。
      黄金町は本物のアートタウンではないですよ。