近畿

兵庫県

ミナトガワエンターテインメント…「ミナエンタウン」が昭和すぎて泣けた

福原や新開地にもほど近い湊川エリアは、今も昭和が色濃く残る神戸の中でも最も面白いエリアだと思う。 前を通るたびに気になってはいたものの、いつでも行けるからまた今度にしよ…の近場あるあるトラップでなか...
2
滋賀県

物言わぬ色街。長浜市の遊郭跡・旧南片町を歩く

昨秋、と言うか冬も間近の11月なかばに、何を間違えたのか単車で琵琶湖一周というアホみたいなことをやってのけた。それもほぼ思いつきで。 そのとき、「黒壁スクエア」を見るために立ち寄った長浜市で、そう言...
0
奈良県

江戸時代を濃縮還元!奈良『今井町』で古都の底力を見た

奈良県橿原市。 万葉集にも詠まれた大和三山(香久山、畝傍山、耳成山)を擁し、飛鳥時代には藤原京が置かれたまさに古都の中の古都と言えるまち。 この橿原の中心部にも近い「今井町」に、全国でも屈指の江戸時...
0
京都府

福知山の『浮世小路』を見に行ったらすでに浮世から消えかかってました

3月に所用で京都の上のほうに行ったので、近くまで来たついでにと福知山に立ち寄った。猪崎新地に行ったとき以来、約2年ぶりの福知山。 この日のミッションは、中ノ町付近にある盛り場を眺めること。あまり大...
0
京都府

京都・巨椋池の名残を訪ねて「東一口」…え?これなんて読むんですか?

歴史ってつくづく面白い。 京都と滋賀をつなぐ京滋バイパスの久御山JCTあたりに、広大な田園地帯が広がっている。ちょうどイオンモール久御山のあるあたりだと言えばおわかりの方もいるだろうか。 ...
0
京都府

嵐山の真空地帯!人がいない『嵯峨鳥居本』はレトロで素敵な町並みでした

いつ行っても狂気じみた混雑を見せる京都市内において、桜も紅葉も関係なく常に人が多い嵐山エリア。そりゃね、確かに渡月橋も竹林の小径も素晴らしいし、世界遺産の天龍寺もあるし、行きたい気持ちはよくわかる。...
0
京都府

まるでおもちゃ箱!京都にある昭和レトロ「いっぽう堂」さん

二条城からもほど近い、堀川通りから三条通りを入ってすぐのところにある「いっぽう堂」さんは昭和レトロ雑貨の展示販売をしている小さなお店。 ホントにこんなところに?と半信半疑で歩いて行くと・・ありまし...
0
奈良県

だから 奈良、行こう。木辻遊郭の転業旅館『静観荘』に泊まってきた

奈良・三大遊郭のひとつ『木辻遊郭』。 日本最古レベルのその「廓」にずっと残したままだった宿題を、昨年末、ようやく片付けることができた。 4年越しの恋 あれは忘れもしない、2...
0
奈良県

古い地名がてんこ盛り。大和郡山の城下町をぶらぶら

奈良県大和郡山市。 なにぶん遊郭のイメージが強すぎて、過去に書いた記事もすべて遊郭関連というこの街。 実は城下町としても有名なところで、歴史を感じさせる町...
0
大阪府

偉大な神へと続く道。レトロ怪しい『石切参道商店街』を歩こう

近鉄に乗って大阪から奈良へ向かうと、大阪最後の駅が東大阪市の「石切駅」。生駒山の麓、大阪平野が一望できるロケーションの石切には温泉もあって個人的にかなりツボな街のひとつである。 この石...
0
大阪府

いかがわしさは正義…近鉄布施駅前の盛り場が楽しすぎた

近鉄布施駅の近くに、かつて「布施新地」という赤線があった。 三重方面に出るとき、いつも鶴橋から近鉄に乗るので通ったことは何度もあって存在も知っていたものの、なんやかんや後回しになってなかなか行...
2
兵庫県

さらばミナイチ!神戸からまたひとつ昭和遺産が姿を消した

神戸が誇る下町エリアの中心的存在とも言える、湊川界隈。湊川駅の目と鼻の先に、「ミナイチ」という市場がある。 いや、“あった”というほうが正しいかもしれない。 神戸初の公設市場 ...
0
兵庫県

愛のコリーダ最終章 ~阿部定がいた篠山「大正楼」その最期を追った~

今年2月21日。 近畿地方のある地方紙が掲載したローカル記事が全国の遊郭ファンを失意のどん底に叩き落とした。 そこには目を覆いたくなるようなこんな見出しが踊っていた。 - ...
4
兵庫県

赤穂の塩の積出港、兵庫の最果て「坂越」のまちなみ

大石内蔵助率いる47名の赤穂浪士が、主君・浅野内匠頭の仇討ちで吉良上野介を討った赤穂事件。俗に言う「忠臣蔵」。 この赤穂事件の舞台となったのが兵庫県の最果てにある赤穂市である。 坂越浦 ...
0
兵庫県

遊女伝説に誘われて・・風待ちの港「室津」を歩く

兵庫県たつの市の西南部に、室津という牡蠣で有名な小さな港町がある。かつては御津町だったが、平成の大合併でたつの市に編入された小さな町だ。 今では田舎の一漁村に過ぎない室津には、1300...
0
奈良県

END OF SORROW・・さらば郡山新地 -哀しみのエピローグ-

大和郡山市にある奈良三大遊郭の一角を担う郡山新地(東岡遊郭)。 2014年7月に初めて足を踏み入れてから、早いもので4年以上の歳月が流れた。 2018年ももうすぐ終わるという頃、...
0
兵庫県

天空の城タケダとその城下町 ~素晴らしい!最高の町並みだと思わんかね?~

雲海に浮かぶ天空の城。 そのラピュタすぎるミステリアスな姿で人々を魅了し続け、「日本のマチュピチュ」などと喧伝されたことも手伝って大量に押し寄せた観光客のマナーの悪さが表面化。社会問題となった...
0
兵庫県

養父市の養蚕集落「大杉地区」を見てきました

2017年7月に、兵庫県の養父(やぶ)市にある集落が新たに重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)に選定された。 というニュースを聞き、旅の道中ふらっと立ち寄った。 兵庫県の北西部に...
0
兵庫県

山間に散った夢の跡。鉱山の町「明延」を訪ねて

昭和初期から50年代頃まで、日本にもあちこちに鉱山があった。死と背中合わせのキツイ仕事はその分お金になり、地元民や流れ者の雇用を生み、そこに住まう家族がまちをつくり文化が育った。 それらのほと...
0
兵庫県

小さな小京都。出石城下町で町並みと名物の皿そばを味わってきた

城崎温泉を有する豊岡市は、年間400万人を超える観光客を集める名実ともに但馬地方のエース的存在である。 そして、その城崎から足を伸ばす人も多いであろう、年間100万人の観光客が訪れるのが、かつ...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました