長崎県

長崎県

旅のおまけ。諫早BTがあまりに昭和すぎまして。

気づけば1ヶ月以上だらだらと書いてる熊本&長崎シリーズも無事前回で終了。 …のはずだったんだけど、最後の最後に行った場所があまりにどストライクだったんで急遽記事化決定!   天満市場のとこで諫早で車...
0
長崎県

昔防空壕。佐世保の戸尾市場街「とんねる横丁」を見てきた

池島から戻り、この日は佐世保に宿をとった。※ハウステンボスは無事間に合いました 翌朝、迎えた旅の最終日。 朝イチで、ホテルから徒歩10分の戸尾市場街を見に行った。正確に言えば、歩いて行ける場所に宿...
0
長崎県

朽ちゆく栄華の記憶。九州最後の炭鉱の島「池島」訪問記

2015年、「明治日本の産業革命遺産」として世界文化遺産に登録された長崎の軍艦島(端島)。筆者は世界遺産になる前、2011年にこの島の土を踏んだ。 端島は明治期に採掘が始まり、1974年(昭和49年...
2
長崎県

戸町・稲佐遊郭跡(長崎県長崎市)

長崎市には丸山遊郭の他、出雲町、戸町、稲佐と3つの遊郭があった。出雲町は完全に住宅街になってしまったそうなので今回は見送り、戸町、稲佐を見に行くことにした。 長崎と言えば造船業である。三菱重工が大型...
0
長崎県

だって世界遺産だもの。長崎の定番観光コース『南山手』を歩こう

異国情緒を味わえる長崎の「東山手」は日本三大がっかり名所、オランダ坂沿いに洋館と洋風住宅が点在する見ごたえある場所だ。 東山手の反対にあたる大浦川の左岸には、同じように「南山手」が存在する。ただし、...
0
長崎県

がっかりなんて言わせない。長崎「オランダ坂」はロマンティックな異国への入口だった!

誰が言い出したか知らぬが、我が国には「日本三大がっかり名所」なる不名誉極まりない称号がある。 札幌時計台、高知のはりまや橋、そして長崎のオランダ坂だ。 期待値と現実のギャップがあまりに乖離している...
0
長崎県

元祖異文化交流のまち。長崎『丸山遊郭』訪問記

日本三大遊郭と言われた長崎の丸山遊郭。 ※江戸の吉原、京の島原、大坂の新町が三大遊郭だが、丸山を三大に入れる説や丸山と伊勢の古市を加えて五大とする説もある 公許の廓くるわとして、最盛期の元禄年間には...
4
長崎県

泣く子も黙る思案橋。路地裏、ハモニカ横丁で長崎の街の深さを知った

春雨通りを走る長崎の路面電車。思案橋電停の「思案橋」は、かつて同地に架けられていた橋にちなんでいる。 どこにそんな橋が・・?ハイカラなアーチがあるだけで、どこを探しても橋などない。 実は、橋があっ...
0
長崎県

魅惑の路地裏。長崎『柳小路』を彷徨う

先に言っておこう。久しぶりに長崎へ来た目的は、丸山遊郭(丸山花街)を歩くことであった。 その前に、アップを兼ねて思案橋界隈の路地裏を彷徨った。いや、口が滑ってもおまけなんて言えないような素晴らしい景...
0
長崎県

長崎レトロと言えばここ 天満市場

天草の最果て、牛深まで行った。そこから熊本へとんぼ返りし、さらにフェリーで島原へと渡った。 どう考えても夜行バスで現地入りした初日にぶちかますようなプランではなかった。 我ながら無茶苦茶な行程を立て...
0
長崎県

とある離島の港町…的山大島『神浦地区』の町並み

日本一島の数が多い県をご存知だろうか。 2位が鹿児島で「605」、実にその1.5倍以上の「971」と言う圧倒的な数でトップに君臨するのが長崎県である。 今回は、そんな長崎のとある離島の話をしようと思...
0
長崎県

日本史史上まれに見る一発屋…長崎県平戸市で異国の風に吹かれよう

長崎県の北西。 そして、陸路で行ける場所としては日本国内最西端。文字通り“最果て感”満載の長崎県平戸(ひらど)市。 そんな平戸をぷらぷらと歩く機会があったので、街並みとともに歴史についてもちょっとだ...
0
長崎県

軍港都市に色街あり!佐世保市『勝富遊郭』跡を訪ねて

一度来たことのある街の景色は、たとえ長い歳月が流れても案外憶えているものである。 佐世保はちょうどそんな街だった。 7年ぶり。過ぎ去った時間を振り返り、しみじみとした旅情を噛みしめながら坂を上って行...
0
長崎県

『水の都』島原城下町とレトロな街並みを歩こう

前回からの続き。再び島鉄に乗り、島原駅で下車。 駅を出ると、目の前には島原城。歴史と湧水で知られ、「水の都」の異名を持つ島原にはなかなか味わい深い城下町がある。 まず、駅...
0
長崎県

小さな武家町…雲仙市『神代小路』

鉄分は濃いほうだと思う。 ヘモグロビンの話ではない。鉄道のことである。隠れキリシタンよろしく当サイトではあまり書いたことはないけれど、実は筆者は少なくとも人に言えるぐらいは電車が好きだったりす...
0
長崎県

船で行こう!島原「湊新地遊郭」へは九商フェリーが便利です

長い日本の歴史上、伝説的な一揆として語り継がれる「島原の乱」。 弱冠16歳のカリスマ青年、天草四郎を指導者に蜂起したキリシタンたちが、幕府軍に決死の抵抗を試みるも圧倒的な彼我兵力差で鎮圧された...
0
長崎県

そうだ、軍艦島に行こう!ちょっと古いけど軍艦島上陸記

ネタが古いのでここで書く気はさらさらなかったのですが、ICOMOSへの勧告で俄然周囲がざわついてきたのを受けて、光の速さで気が変わったので結局書くことにしました。 これから綴る軍艦島上陸記は...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました