商家町

交通の要衝、物資の集積地などに発生した商人町や、商品生産地として農村部などに生まれた在郷町の町並み

愛媛県

木蝋で栄えた小さなまち。愛媛県内子町を訪ねて

穏やかな年明けだった。 一年で最も希望と期待感に包まれる元旦の朝。まさか世界中で大混乱が巻き起こり阿鼻叫喚な一年になるなんてよもや考えもしないような清々しくも厳かな朝を、筆者は愛媛県内子町のビジネス...
2
熊本県

素通りするのはもったいない。繁栄の歴史が息づく、熊本の『松合白壁土蔵群』

ちょうど1年ほど前に、4日間ほど熊本~長崎方面へ出かけた。ずいぶんと盛りだくさんな旅だったので、思い出しながら少しずつ綴っていこうと思う。 夜行バスで熊本入りした初日は、すぐに足を調達。天草方面へと...
0
岐阜県

飛騨高山の地味なほうの重伝建『下二之町大新町地区』

飛騨高山の定番観光スポットと言えば重伝建(重要伝統的建造物群保存地区)にも選定されている「古い町並」ことさんまち通り。     ここは超の字がつくほど有名なので行ったことのある方も多いと思う。 ...
0
長野県

北アルプスに抱かれて。蔵のある街、松本『中町通り』を歩く

全国で5つしかない国宝の現存天守。 “漆黒の名城”、松本城を擁する松本市は、交通の要衝として、また、北アルプスの玄関口として長く栄えてきたまちだ。 城下町は、城の周りが武家地、縄手通り商店街のある女...
0
岡山県

繁栄の歴史、風待ちの港を訪ねて ~下津井という街があった~

岡山を出発した快速マリンライナーは、児島半島を縦断し、鷲羽山をかすめながら瀬戸内海へと滑り込んで行く。四国入りを果たす数多の手段の中で、最も気分が高揚する瞬間である。 10kmにも及ぶ瀬戸大橋を渡り...
0
福岡県

城下町から在郷町へ。八女福島の白壁な町並みを歩く

福岡県の八女市には、観光地として有名な町並みがふたつある。ひとつは前回書いた「黒木」、そしてもうひとつが福島の町並みだ。 八女市の中心部にある福島は、近世に福島城が築かれた場所。現在、城跡は八女公...
0
福岡県

あの有名女優の出身地!八女市黒木の町並みを歩く

福岡の一番南。大分、熊本と接する文字通り端っこに位置する八女市は、お茶の産地として有名なところだ。この八女の黒木町なるところに、在郷町として栄えた古い町並みがある。 この酔狂な趣味(もはやライフワ...
0
福岡県

豊後街道の宿場町。「筑後吉井」白壁の町並み

福岡県うきは市。のどかな山村集落、「新川田篭地区」とともに重伝建になっているのが筑後吉井にある『白壁の町並み』である。 うきは市は2005年に吉井町と浮羽町が合併してできた新設の市で、旧吉井町のほう...
0
大分県

どう見ても江戸。時間旅行は大分県日田市「豆田町」へどうぞ

福岡と熊本に接する大分県のはしっこ、日田(ひた)市。取り立てて有名なものはなく、正直九州を出ればあまり知られていないまちじゃないかと思う。 その日田に、「豆田町(まめだまち)」なる古い町並みがあるの...
2
岡山県

ノスタルジックなベンガラの里「吹屋」を訪ねて ~紅に染まったあの街で~

岡山県の山あいに、かつて「ベンガラ」の産地として全国のシェア、そのほぼすべてを手中に収めた小さな鉱山町があった。 「吹屋」という町である。 “奇跡の集落”として長年君臨し続けた勝者の歴史は、今なお残...
0
岡山県

つやま城東まち歩き。B’zゆかりの地・津山を歩く

岡山県の津山市と言えば、二年前に開催された凱旋ライブの熱狂が記憶に新しい、B'zのボーカル稲葉さんの故郷である。 また、同じく全国区のB級グルメ、「津山ホルモンうどん」があることでも知られる。 そし...
0
高知県

どんとこい台風。水切り瓦といしぐろに守られた吉良川の町並み

三日目も朝から快晴だった。 この日は室戸からスタートし、ゴールは徳島市内。ひたすら海岸線を北上するプランを立てていた。まずは、昨夜泊まった角屋がある吉良川(きらがわ)の町並み。ここを見ないことには何...
0
高知県

酒豪伝説、ここに極まれり。どろめと絵金の元日本一小さな町「赤岡」を歩く

“土佐の一本釣り”に代表されるように、県外者にとって高知県のイメージは 「豪傑」「豪快」「豪気」「酒豪」「荒っぽい」 おおむねこのあたりに集約されると個人的には思っている。 高知市内からもほど近い太...
0
徳島県

もうひとつあったうだつの町並み。貞光の「二層うだつ」に全俺が震えた

「祖谷のかずら橋」と聞けばご存知の方も多いだろう。徳島には、祖谷(いや)というとんでもなく山深い地域がある。 そう、この日泊まる予定だった場所である。 旅館を予約したとき、 「その時期は路面凍...
0
徳島県

重厚感半端ない。徳島が誇る江戸風情、脇町『うだつの町並み』

バイクというのは難儀な乗り物である。雨や風は天敵、度を過ぎれば脅威となり、冬は肌を刺すような寒さと戦わなければならない。 しかも筆者は重度の花粉症持ちで、春のみならず初夏(カモガヤ)や秋(ブタクサ)...
0
滋賀県

琵琶湖を支配した湖族の本拠地『堅田』の集落を歩く

日本一でかい湖、琵琶湖。面積は東京23区を超え、一周すると200km。その距離、大阪から名古屋に行くよりも遠い。 あまりのインパクトから、滋賀県民は「琵琶湖以外何があるの?」と容赦なくいじられ、結果...
0
奈良県

会いたいから会いに行く。大和路トラベラー、「吉野町上市」へ

大宇陀を歩いたあと、さらに南へと単車を走らせる。山ひとつ隔てた吉野のまちへと向かった。 奈良の吉野と言えば、日本三大桜の名所である吉野山の「千本桜」が抜きん出て有名であろう。次いで吉野杉だろうか。...
0
奈良県

葛ですいません。奈良「宇陀松山」で楽しむ歴史さんぽ

奈良には伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)が3ヶ所ある。橿原市の今井町、五條市の五條新町、そしてもうひとつが宇陀市(うだし)の松山である。 五條に行った翌週。宇陀へ行くために今度は単車で奈良を訪...
0
奈良県

日本最古の民家もあるよ。奈良『五條新町通り』をぶらぶら

ちょいと古いネタなんですが、昨年9月に青春18きっぷで奈良の五條に行ったときの話を。 生まれて初めて乗ったJR和歌山線は思わず「おぉ、まだこんなのが走ってたか~」と口走ってしまった懐かしの105系...
0
岡山県

美観地区・イズ・ビューティフル。心洗われる蔵の街を歩こう

温暖な気候で晴れの日が多い「晴れの国おかやま」。 もちろん雨が降ることだってあるはずだが、せめてここに行くときだけはどうか晴れてくれ・・そんな祈りのひとつも捧げたくなる、場所。 それが“町並み界のス...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました