青森・旭町(旧宝来町)遊郭跡

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森市で盛り場と言えば第三新興街が有名なわけで、そこさえ抑えとけばいいかな、と思ったりもするわけなんですが、遊郭跡や赤線を歩く自分としてはいかんせんそれじゃ不十分。
というわけで、現在の旭町にあったという遊郭を訪ね歩いてきた。

10

青森の市街地からその名のごとく旭町通りを南下し、青い森鉄道の高架をくぐると目的地はもうすぐそこ。
渋い床屋さんの傍らに朽ちかけた標柱が建つ。そこには「宝来町入口」と書かれている。

スポンサーリンク
広告336×280

幅広の路地に名残を見る

01

「赤線跡を歩く」と同じ場所で一枚。右側、スナックらしきものがあった場所は空き地になっている。
一見して痕跡は皆無だが、この無駄に広い路地がすべてを物語っている。

02

旧名を宝来町といったらしい旭町には、大火で全焼した柳原遊郭の代替地として明治43年(1910年)に遊郭が成立したそうだ。
戦後は赤線となり、おそらくその頃の呼称であろうが「森紅園」とも呼ばれていたという。

03

通りの突き当たりには転業旅館が一軒。
が、すでに廃業し会社のオフィスとして第三の人生を歩んでいた。

04

斜め前にも元旅館。
昭和5年の『全国遊廓案内』によれば、貸座敷21軒娼妓104名とあるので、そんなに広くないこの区画を考えると貸座敷だらけだったのでは、と思う。

05

このモリゾーハウスも遺構なのか。もはや原型すらわからん。

06

戦後は13軒に43名という規模だったそうで、いずれも減ってるのは空襲で焼けたから、とかかな。
このへんは推測にすぎないので真偽は不明です。

07

そしてもう一軒。唯一の現役旅館だったのがこちらの光陽館さん。

08

そのお隣には転業と思われるアパート。なぜそう思ったのかと言えば・・

09

中を覗くとおもむろにスナックが出てきたりしたもんで。

かつての不夜城も、現在は閑静な住宅街として平凡な日常を送っているようであった。
幅広な路地だけが、往時の繁栄を今に伝えていた。

[2015年8月12日]


スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする