宿

「宿泊」に関する記事一覧

京都府

創業300年。海の京都、宮津に佇む文人墨客の宿「清輝楼」を訪ねる

股のぞきで有名な日本三景、「天橋立」がある京都の宮津市は古くから城下町、また、港町として栄えてきたまちである。 宮津と言えば、以前花街(遊郭)だった新浜地区を訪ねたことがあるが、伝統的な町並み、建物...
0
兵庫県

名物粥が美味すぎる!創業150年の塩田温泉「上山旅館」に泊まる

この活動を始めてから、早いものでもう7年。基本的には町並みや商店街。たまに博物館的な施設が題材になることもあるが、昨年あたりから老舗旅館にも興味が出てきた。 どす黒く変色したただただボロボロの木造旅...
0
岐阜県

白川郷に行ったらせっかくなので合掌造りに泊まってみませんか

世界遺産の白川郷。せっかく行くなら泊まらないのはもったいないと、満を持して合掌造りの民宿を予約しておいた。 宿泊したのはこちらの「民宿ふるさと」。 集落の奥のほうと言えば奥のほうだけど、メインスト...
0
大分県

別府・北部旅館街で元遊郭の「旅館すずめ」に泊まった話

別府へ行こうとしたそもそもの動機だった。   およそひと月前。3泊4日の熊本~長崎方面の旅を終え、長崎空港のロビーから予約の電話をかけた。 幸い部屋は空いており、無事予約を取ることができた。短い時間...
0
福岡県

元遊郭の宿・門司港のゲストハウス「PORTO」に泊まって来ました

かつて、今の関門トンネル入口付近にあった門司港の馬場遊郭。国道2号線を挟んだ反対側の蛭子町(現在は東門司1丁目)にも遊郭があったそうで、当時の建物が1軒だけ残っています。 現在はゲストハウス「POR...
0
高知県

昭和初期の純日本建築!室戸市吉良川の和の宿「角屋」に泊まった話

四国旅二日目は室戸で宿を取った。 とは言え、せっかく四国の最果てまで行って今風のペンションや新しい旅館に泊まるのは味気ない。室戸には「吉良川」と言う重伝建になっている古い町並みがあり、調べてみたら...
0
奈良県

だから 奈良、行こう。木辻遊郭の転業旅館『静観荘』に泊まってきた

奈良・三大遊郭のひとつ『木辻遊郭』。 日本最古レベルのその「廓」にずっと残したままだった宿題を、昨年末、ようやく片付けることができた。 4年越しの恋 あれは忘れもしない、2...
0
山口県

元遊郭、だぞっ!築100年超、萩の『芳和荘』に泊まろう

今年は明治維新150周年の節目の年にあたる。 その明治維新の震源地、小京都の名で呼ばれる山口県萩市に、昨夏観光で足を運んだ。 そのとき宿泊したのが、遊郭・赤線クラスタに不動の人気を誇る『芳和荘...
2
三重県

お伊勢参りの精進落とし。創業200年超、元遊郭の料理旅館『麻吉旅館』に泊まってきた

江戸時代、江戸の吉原、京の島原とともに三大遊郭とまで言われた伊勢・古市遊郭。 今ではもう付近はすっかり住宅街になってしまい、昔日の面影は影も形もない。 しかし、ただ一軒だけ当時の賑わいを今に伝...
0
京都府

私を遊郭に連れてって!京都・五条楽園で「宿や平岩」に泊まる

京都、五条楽園。 前回の訪問(2014年7月)から早いもので4年近い歳月が流れ、そろそろ定点観測しなければ…との思いから、2月に久しぶりに京都に足を運んだ。 いや、その理由は後...
2
京都府

昔遊郭だった「霞月旅館」(京都府舞鶴市)に宿泊してきました

京都の舞鶴市にあった朝代遊郭。 そこには、かつて“霞月楼”という名の妓楼だった、「霞月旅館」があることを紹介した。 そして実は、この日筆者が泊まったのがこの霞月旅館だったりするのである...
0
広島県

泊まれる遊郭…広島・一楽旅館に泊まってきた

旅というものを愛してやまない人間ながら、筆者は宿へのこだわりが実はほとんどない。 そもそも旅の出費が普通の人より多いので、安ければどこでもいい、ぐらいのゆるい感じでいつも決める。 宿ありきだと、行ける...
2
長野県

妻籠宿で泊まろう!明治時代の古民家で異文化交流を体験する

江戸時代の宿場町、妻籠宿。せっかく行くなら泊まらないのはもったいない、とこの日は妻籠で宿を取ることにした。 昼間。散策中のこと。ぴんぽんぱんぽ~ん的な合図で町内放送が流れ出し、おぉ懐かしいなぁなんて...
2
青森県

明治時代に建てられた元遊郭の転業旅館、八戸の『新むつ旅館』に泊まってきた

青森県の八戸市に、元遊郭だった建物がそのまま旅館として使われている「新むつ旅館」がある。 青森に行く≒新むつ旅館に泊まる ぐらいのレベルで、この遠征でもっとも楽しみだったのがこの新むつ旅館。 ...
2
新潟県

佐渡島で築120年超、元遊郭の転業旅館『金沢屋旅館』に泊まってきた

先日書いた水金遊郭の他に、実は佐渡にはもうひとつ、両津港のそばに両津夷(えびす)遊郭がありました。 そこで当時「金澤楼」という屋号だった妓楼が、現在も旅館として営業しているというので満を持して泊まっ...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました