花街・茶屋町

花街(跡を含む)、茶屋街にまつわる記事一覧

愛媛県

宇和島の旧花街「築地町」を大晦日の早朝に歩いた話

夜明け前の混沌とした空を薄目で見ながら、枕元で鳴り止まないアラームを止めた。   AM6時   朦朧とした頭で思い出したのは、今日が旅の4日目で現在地が愛媛の宇和島ということだった。 自分で決めたプ...
0
香川県

料亭からバラックまで。玉虫色のまち、高松「百間町」を歩く

高松の片原町と言えば、路地裏界隈の人々の圧倒的な支持を集めるパラダイス通りで知られる街である。 この片原町の南に隣接するのが「百間町」。かつて花街として名を馳せた街である。 かつて、というのは...
0
大分県

こんな名前じゃ…元貸席、別府の喫茶店「アホロートル」がめちゃくちゃ素晴らしかった

誰にも、好きな街のひとつやふたつはあると思う。生まれ育った街だったり、長年住んでる場所だったり様々であろう。 筆者にも、そんなところがいくつかある。そのうちのひとつが大分県の別府市である。    ...
0
長崎県

元祖異文化交流のまち。長崎『丸山遊郭』訪問記

日本三大遊郭と言われた長崎の丸山遊郭。 ※江戸の吉原、京の島原、大坂の新町が三大遊郭だが、丸山を三大に入れる説や丸山と伊勢の古市を加えて五大とする説もある 公許の廓くるわとして、最盛期の元禄年間には...
4
愛知県

名古屋市東区「旧鍋屋町」の街並み

名古屋編最後は、桜通線の高岳(東区)をお散歩。ゆる~い感じでお届けします。 まずは昭和24年創業、洋菓子が有名な「純喫茶ボンボン」から。値段がとにかく安い!そして雰囲気が完全に昭和! 大阪で言うと...
0
和歌山県

栄華の名残は何処へ…和歌山『田辺新地』を歩く

和歌山は大部分が紀伊山地、つまり山だ。まちは海岸線に沿って点在するので、電車にしろ車にしろ移動にはオーシャンビューが事欠かない。 筆者が和歌山を好きな理由のひとつがここにある。雄大な車窓風景を愉しみ...
0
沖縄県

沖縄最大の社交場、そして花街だった「辻村跡」を歩く

辻は色街である。   那覇市の「辻」と言えば、男性諸氏の表情筋と財布の紐が緩む一大歓楽街だ。そこに異論を挟む余地はない。 だが、歴史を俯瞰してみるとただの色街では片付けられない史実が浮き彫りになって...
0
愛知県

圧倒的大感謝!犬山花街の元置屋「玉正」さん拝見という思わぬ眼福に恵まれた

昨年末、旧知の間柄である大津氏から一通のLINEが届いた。 犬山花街の芸妓置屋「玉正」さんの所有者、その息子さんから連絡があり、「老朽化で建物を取り壊すかもしれないので、もし中をご覧になりたければ...
0
愛知県

国宝&現存天守の犬山城!…を華麗にスルーして裏通りの色街を見てきました

愛知県犬山市にある「犬山城」は、国宝であり現存12天守のひとつ。尾張国と美濃国の国境に位置し、その立地の重要性から信長・秀吉・家康の三英傑が欲しがったというハンパない歴史を持つ城である。 ずっと前...
0
東京都

栄華の名残を探し求めて。『大塚三業地』を歩く

豊島区大塚。わずか一駅の距離にありながら、「池袋」の存在感に霞んでしまい山手線マイナー駅の常連に甘んじているちょっとかわいそうな街である。 ところが、戦前には都内でも有数の三業地があって、相当...
2
宮崎県

【九州のベニス】水都・延岡の色街跡を訪ねる

宮崎県北部の延岡市。宮崎で二番目に栄えてるとか栄えてないとか言われるまちで、幾筋もの川が集まる河口に開けた、つまるところ「水都」である。 この延岡に、遊里の名残を訪ねた。 延岡の...
0
京都府

京都五花街の歩き方『祗園東』

京都五花街のひとつ、「祇園」は江戸時代、八坂神社門前町の茶屋町としてスタートした。 この祇園、正式にはふたつあり、一般的に我々が呼ぶ祇園は「祗園甲部」。そしてもうひとつが「祇園東」である。 祇...
0
京都府

京都五花街の歩き方『上七軒』

京都五花街の中で、ひとつだけ離れた場所にあるのが上七軒(かみしちけん)。 菅原道真公を祀る「北野天満宮」の門前町にある。 京都最古の花街 上七軒の歴史は古い。 室町時代、北野天満宮...
0
京都府

京都五花街の歩き方『先斗町』

京都の顔と言っても過言ではない「鴨川」。 夏の納涼床は、何と言っても京を代表する風物詩のひとつと言えるだろう。 - 鴨川 越えて 急ごう - 筆者の世代だと、JUDY AND M...
0
京都府

京都五花街の歩き方『宮川町』

京都五花街のひとつ、「宮川町」。 鴨川の東側、四条通の南側に位置する花街で、住所で言うと宮川筋二丁目から六丁目が範囲。 祇園と同じく、最寄りは京阪の祇園四条駅となる。 宮川町の歴史 ...
0
京都府

京都五花街の歩き方『祗園甲部』

京都観光と聞けば、真っ先に「祇園」を思い浮かべる方も多いのではないだろうか。 祇園は舞妓さんや芸妓さんとお茶屋遊びをする場所…そのお茶屋が集まる場所を花街(かがい)と言い、京都には五つの街がある...
0
京都府

国内唯一の揚屋建築…島原『角屋もてなしの文化美術館』

公許の花街、京都島原。 現在の場所に移転した1641年(寛永18年)に建てられ、伝統と格式を今に伝える元揚屋の「角屋」。 この角屋。現在は「角屋もてなしの文化美術館」として一般公開されている。...
0
三重県

実は隠れパワースポット!風光絶佳な二見浦とえぇ感じの旅館街を歩こう

旅はノープランがいい。 あてどなく、風の吹くまま気の向くまま。憧れである。 が、現実はそうもいかない。時間に追われる現代人は忙しい。 そう、すべては計画通り。鳥羽から参宮線に乗り、3駅の「二...
0
大阪府

たまには大阪の話でも Vol.3「大阪・住吉新地編」

綾ノ町駅から再び阪堺電車に乗り込み、細井川という停留所で降りた。 駅があるのは住吉区。いつの間にか大阪市内に入っていたようだ。 これから向かうのがこの日最後の目的地となる「住吉新地」。...
0
福井県

開運招福!甦った明治の旧料亭「花月楼」

勝山、湊遊郭。 かつて花街として栄えた河原町通り(勝山市本町)に、目新しい建物が1軒建っていた。 「花月楼」と書かれた料亭建築。花街の名残であることはひと目で解ったが、何やら外に開かれ...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました