岡山県

はるやま爆誕の地へようこそ。玉野市「玉商店街」

四国への玄関口の役目を担う玉野市。フェリーターミナル(宇野港)としてのイメージが強いが、実は造船業も盛ん。 その中心とも言える玉地区は、かつては宇野駅から市電も乗り入れ企業城下町として発展してきた。...
2
岡山県

玉野・日比港遊郭

児島半島の南東に位置する玉野市は、四国や瀬戸内の離島への船便が発着する要港、宇野港を擁する市だ。 この玉野市は、昭和15(1940)年に旧玉野町と旧日比町が合併して誕生した。   旧日比町。 歴史は...
0
岡山県

瀬戸大橋の真下から。歴史ある集落「田之浦」の町並み

下津井から東へ向かうと、視界の中の瀬戸大橋がぐんぐん迫ってくる。 橋の真下には「田之浦」という漁港と港町がある。ちょうど鷲羽山の麓にある集落である。 下津井は、古代は「四ヶ浦」(しかうら)と呼ばれ...
0
岡山県

繁栄の歴史、風待ちの港を訪ねて ~下津井という街があった~

岡山を出発した快速マリンライナーは、児島半島を縦断し、鷲羽山をかすめながら瀬戸内海へと滑り込んで行く。四国入りを果たす数多の手段の中で、最も気分が高揚する瞬間である。 10kmにも及ぶ瀬戸大橋を渡り...
0
岡山県

倉敷・玉島町遊郭(天満町遊郭)

倉敷の玉島町と言えば、レトロ愛好家の間では“聖地”と呼べるほど有名なところだ。 「通町商店街」を中心に、現代の奇跡としか言えない町並みが今も濃密に残っている。(なお筆者は一度行こうとしたものの渋滞に...
0
広島県

東京じゃない府中。遊郭のあった老松町を歩く

まさか1年後には世の中がこんな大変なことになっているなんて1mmも思ってなかった昨年6月。能天気な筆者は府中市にいた。 と言っても東京ではなく。広島の府中市である。 上下から約30km。府中市の中心...
4
広島県

銀と天領と分水嶺。白壁ロマンのまち『上下』を歩こう

広島県府中市に「上下」というまちがある。読み方はそのまま“じょうげ”。 かつて、石見銀山で産出した銀を運ぶ石州街道の中継地として栄え、幕府の天領でもあった華やかな歴史を持つまちである。 今も残るその...
2
愛知県

名古屋市東区「旧鍋屋町」の街並み

名古屋編最後は、桜通線の高岳(東区)をお散歩。ゆる~い感じでお届けします。 まずは昭和24年創業、洋菓子が有名な「純喫茶ボンボン」から。値段がとにかく安い!そして雰囲気が完全に昭和! 大阪で言うと...
0
愛知県

名古屋最強のパワースポット!「神宮小路」が想像以上に素晴らしかった

“名古屋最強のパワースポット”はどこかと問えば、人はこう答える。「熱田神宮である」と。 それはきっと万人に刷り込まれた潜在意識に近いものだろう。   だがしかし。熱田神宮の目と鼻の先に、本家神宮を凌...
0
愛知県

青線跡「平和園」 – 名古屋市瑞穂区

次に案内してもらったのが御器所から真っ直ぐ南下した堀田駅の近くにあった青線跡。名を『平和園』と言ったそうな。 堀田駅から徒歩3分ほどの、「東ノ宮神社」の目の前にそれはあった。 ナンバーのない黒いセ...
1
愛知県

ここは何でしょう…名古屋・御器所の青線っぽい場所を訪ねた

今日から4回に渡って(3回になるかも)、昨年6月に野暮用で名古屋に行ったときの話を。   1日で済む用事だったんだけど弾丸はキツイしなぁ…と宿を取ったはいいものの、二日目にどこ行こうか決めあぐねてい...
0
大阪府

読ませ方無理やり過ぎぃ!なにわの難読問屋街『松屋町筋商店街』

空堀商店街を往復し、今日はこの辺にしとこうか・・と思ったところで、「あぁそうだ、もう1ヶ所あったわ」と向かった先がもと来た場所。 松屋町駅付近を南北に伸びる『松屋町筋商店街』である。 しかし何やら...
0
大阪府

「空堀商店街」は色々大阪の歴史が詰まった素敵なアーケードでした

中道元町銀座街の次に向かったのが『空堀(からほり)商店街』。地下鉄の松屋町駅で下車。初めて来たよこんな駅。。 松屋町駅から松屋町筋を少し下って左に曲がるとアーケードが見えてくる。この商店街を知った...
0
大阪府

全天候型アーケード・大阪市東成区『中道元町銀座街』

神戸の商店街はあらかた行ったし、そろそろ大阪だな・・ なんてことを思ったかどうかは定かではないが、昨年6月、今まであまり足が向かなかった大阪の商店街を訪れた。 いわゆる“昭和レトロ”な商店街。神戸...
0
三重県

遊郭があった漁村。三重・引本浦を歩く

尾鷲からクルマで15分ぐらいだった。 細い路地が張り巡らされた、テンプレ通りの漁村風景。運転に慣れていても神経をすり減らすほどの道。もちろん離合など不可能だ。こういう場所は自分の足で歩くほうがいい。...
0
三重県

最果て感あふれる降水量日本一のまち「尾鷲」の盛り場をじっくりと観察してきた

最近なかなか忙しくて、週1本程度しか記事が書けない状態が続いておりますが・・紀伊半島編も残すところあとふたつとなりました。 和歌山を海岸線に沿って縦断し、いよいよ三重へ。昔、熊野古道に来たとき以来の...
0
和歌山県

古湯に遊里あり。和歌山・南紀白浜の「新地」を訪ねて

弓なりに続く白い砂浜。円月島の“穴”ごしに眺める奇跡の夕日。そして日本一のパンダファミリーに会えるアドベンチャーワールド。 日本三古泉の「白浜温泉」がある南紀白浜は、和歌山を代表する一大リゾート地だ...
2
和歌山県

栄華の名残は何処へ…和歌山『田辺新地』を歩く

和歌山は大部分が紀伊山地、つまり山だ。まちは海岸線に沿って点在するので、電車にしろ車にしろ移動にはオーシャンビューが事欠かない。 筆者が和歌山を好きな理由のひとつがここにある。雄大な車窓風景を愉しみ...
0
和歌山県

海南市の遊里 東新地を訪ねて

西新地から、大通りを東へと歩く。やがて通りは線路の手前でほぼ直角に折れ、海南駅へといたる。 曲がらずにそのまま真っ直ぐ進み、線路を越えたあたりに目的の「東新地」はあった。 日方川に架かるあずまばし...
0
和歌山県

海南市の遊里 西新地を訪ねて

およそ3年ぶりとなった和歌山ネタは海南市から。 と言っても「それどこよ?」ってなる人が多いと思うわけで・・場所は和歌山市のお隣。 その海南市にあったという2つの遊里を訪ね、一路高速を南へと走らせた。...
2
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました