四国

高知県

廃校に新たな息吹を…話題の「むろと廃校水族館」に行ってきた

ようやく最果てに到達した。 “四国最南端”とはいかなかったが、この旅で踏む地、その最南端の「室戸岬」に着いた。厳しい道のりだっただけに感慨もひとしおだった。 果てなく続く水平線。海が好きな人間にと...
0
高知県

どんとこい台風。水切り瓦といしぐろに守られた吉良川の町並み

三日目も朝から快晴だった。 この日は室戸からスタートし、ゴールは徳島市内。ひたすら海岸線を北上するプランを立てていた。まずは、昨夜泊まった角屋がある吉良川(きらがわ)の町並み。ここを見ないことには何...
0
高知県

昭和初期の純日本建築!室戸市吉良川の和の宿「角屋」に泊まった話

四国旅二日目は室戸で宿を取った。 とは言え、せっかく四国の最果てまで行って今風のペンションや新しい旅館に泊まるのは味気ない。室戸には「吉良川」と言う重伝建になっている古い町並みがあり、調べてみたら...
0
高知県

野良時計と武家屋敷と江戸風情。安芸市『土居廓中』の町並み

15時半。 赤岡を発つ頃には結構いい時間になっていた。 この日最後の目的地、安芸(あき)市へと急ぐべく、海岸線に沿って国道55号線をひた走った。 野球好きの方であればご存知であろう。高知県安芸市は...
0
高知県

酒豪伝説、ここに極まれり。どろめと絵金の元日本一小さな町「赤岡」を歩く

“土佐の一本釣り”に代表されるように、県外者にとって高知県のイメージは 「豪傑」「豪快」「豪気」「酒豪」「荒っぽい」 おおむねこのあたりに集約されると個人的には思っている。 高知市内からもほど近い太...
0
高知県

お宝は高知にあり!小さなレトロ博物館『お宝屋敷おおとよ』

高知県北部、吉野川流域に「大豊町」なる町がある。面積の約9割が森林という、山と川以外何もないド田舎自然が豊かな田舎町だ。 散々な目に遭った秘境、祖谷地方を脱出して高知へと向かう途中のこと。何やらその...
0
徳島県

そこは天空の村!日本三大秘境にある『東祖谷落合集落』を訪ねた

目が覚めて、窓を開けた瞬間現実に引き戻された。 外は異次元の寒さだった。 今自分は徳島の祖谷地方、すなわち日本三大秘境と呼ばれる僻地に来ている。 記憶から消してしまいたかった残酷な現実を思い出した。...
0
徳島県

もうひとつあったうだつの町並み。貞光の「二層うだつ」に全俺が震えた

「祖谷のかずら橋」と聞けばご存知の方も多いだろう。徳島には、祖谷(いや)というとんでもなく山深い地域がある。 そう、この日泊まる予定だった場所である。 旅館を予約したとき、 「その時期は路面凍...
0
徳島県

重厚感半端ない。徳島が誇る江戸風情、脇町『うだつの町並み』

バイクというのは難儀な乗り物である。雨や風は天敵、度を過ぎれば脅威となり、冬は肌を刺すような寒さと戦わなければならない。 しかも筆者は重度の花粉症持ちで、春のみならず初夏(カモガヤ)や秋(ブタクサ)...
0
愛媛県

レトロ on レモンアイランド!生口島「しおまち商店街」を歩こう

「しまなみ海道」 6つの島を経由しながら、広島の尾道と愛媛の今治を結ぶ全長約60kmの自動車専用道路である。 そしてこのしまなみ海道。徒歩や自転車でも通行可能となっており、サイクリング...
0
愛媛県

さよならバリィさん。今治の赤線跡がもうダメだった話

関西に来たら、いや、白状するとそのずっと前から、一度でいいからやってみたいことがあった。できればまだ体力のあるうちに・・   しまなみ海道をチャリで走る。   具体的な話はあとに譲るとして、ようやく...
4
香川県

水軍の島、塩飽本島をめぐる旅 ~瀬戸内より愛をこめて~

瀬戸大橋の西側に浮かぶ、大小28の島々からなる塩飽(しわく)諸島。その塩飽諸島の中心である本島に「笠島」という集落があり、江戸時代からの古い町並みが残っている。 海や離島が好きな筆者としてはいつか行...
0
香川県

『春駒』を忘れない ~あの夏の新堀遊郭~

2014年12月。 気がつけば、あれから3年半あまりの時が流れていた。 うどん県まるがめ市。あの日やり残した宿題を終わらせる日を、どうやら無事に迎えることができたようだ。 思えば、四国に来ること自...
2
香川県

オリーブの島(小豆島)へ~名作・『二十四の瞳』の舞台を訪ねて~

前回で完結した四国旅の番外編としてお届けしたいのが、映画『二十四の瞳』の舞台として一躍有名になった小豆島。 実は旅の2日目、午前中のみという超強行軍で同地へふらっと立ち寄ってきた。 ま...
0
香川県

高松・瓦町の駅裏に残る怪しげな旅館を見てきた

旅の最終日。八重垣新地を後にし、あとはもう帰るだけ・・というところで、実は一ヶ所だけ寄りたいところがあった。 そんなわけで、やってきたのは琴電のターミナル駅、「瓦町駅」。 実は、旅の初日にここか...
6
香川県

名づけて城東温泉郷 高松・八重垣新地を歩く

香川からスタートし、愛媛⇒高知⇒徳島をぐるっと回って再び高松に戻ってきたのは、旅の終わりも間近の最終日前夜のこと。(時系列で書いてきたので間の出来事は過去記事を参照してください) 屋島の健康ラン...
2
徳島県

人呼んでパンパン通り・徳島「秋田町遊郭」跡

四国一、ダイナミックさに彩られた地だと思うのである。 轟々と、すべてを飲み込むように蠢く鳴門の渦潮。そして、真夏の夜に人々が乱舞する阿波踊り。 名勝・眉山の懐に抱かれた徳島の街を走っていると、なん...
4
高知県

土佐の大料亭『陽暉楼』があった玉水新地を歩く

かつお、はりまや橋、よさこい節、そして龍馬。 南国、土佐。と聞いてこれだけ思いつけば十分だと思う。 とは言えど。やはり、『陽暉楼』を忘れてはいけないであろう。 映画にもなった、高知随一の大料...
8
愛媛県

道後温泉ネオン坂 – 漱石も歩いた旧「松ヶ枝遊郭」

言うならばただの口実である。 「四国随一の名湯に浸かる」 道後を訪れる理由で、これほど都合のよいものが他にあるだろうか。確かに湯も楽しみのひとつであったことは認めるが、実はそれ以上に心待ち...
2
愛媛県

道後温泉と言えばまずここから!道後商店街「ハイカラ通り」

愛媛県は松山市と言えば、四国最大の都市であり日本三古泉にも数えられている名湯『道後温泉』を擁する一大観光都市でもある。 その道後温泉は「千と千尋の神隠し」の湯屋のモデルとされた『道後温泉本館』がある...
0
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました